ドラマ&映画 カテゴリ

第10回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞

第10回「 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」結果発表!

“質の高いドラマ”を表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」。第10回目となる今回は、17年10月期放送の主要ドラマを対象とした全30作品がエントリー。視聴者によるドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果と、審査員投票によって、「作品賞」をはじめとする全7部門を決定した。各賞の結果とともに、受賞者の喜びの声をお届けする
作品賞木曜劇場『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)
主演男優賞浅野忠信(木曜劇場『刑事ゆがみ』/フジテレビ系)
主演女優賞綾瀬はるか(『奥様は、取り扱い注意』/日本テレビ系)
助演男優賞神木隆之介(木曜劇場『刑事ゆがみ』/フジテレビ系)
助演女優賞手塚理美(『明日の約束』/関西テレビ・フジテレビ系)
脚本賞福田靖氏(『先に生まれただけの僕』/日本テレビ系)
新人賞佐久間由衣(『明日の約束』/関西テレビ・フジテレビ系)
受賞者コメント

作品賞: 木曜劇場『刑事ゆがみ』プロデュース 藤野良太氏

積極的に怒られること(=挑戦的なこと)をやっていこう、と取り組んだ成果
大変嬉しいです。視聴率的には悔しい思いもしましたが、浅野忠信さん、神木隆之介さんをはじめとするキャストの皆さん、そしてスタッフ1人ひとりが本当に熱い思いを持って臨んでいたので、こういう風に賞をいただくことができ嬉しいです。今回は、最初に浅野さんと「積極的に怒られることをやっていこう」と話し合い、取り組んできました。怒られにいこうというのは、挑戦心を持っていこうという意味。皆でその意識を共有していたので、とても良い雰囲気のなか撮影を進めることができましたし、遊び心を散りばめることができたのではないかと感じています。良いドラマというのは何か少しでも目新しさや発見がある作品だと思っていますので、今後も描いたことのない世界に挑んでいきたいです。
※藤野氏のほか、同作は高田雄貴氏もプロデュースを担当

主演男優賞:浅野忠信

僕らのやったことは間違いではなかった
「主演男優賞」をいただき、ありがとうございます! とても嬉しいです。弓神適当という今までにない新しい刑事を演じるにあたっては、1つひとつのセリフやシーンの作りをいかに直感的に壊していくかが勝負でした。幸い僕は、弓神のようないい加減な面をかなり持ち合わせていたので、その辺は大いに役に活かさせていただきました。バディ役の神木(隆之介)君は僕のことをきちんと観察してくれていて、話数を重ねるたびに2人の関係がどんどん良くなっていきました。彼の存在なくしてこのドラマの成功はありえません。そして、撮影中はスタッフの方々が常に支えてくださり、安心して役にのめり込むことができました。街を歩いていると、今でも「ゆがみ最高です!」と声をかけていただきます。僕らのやったことは間違いではなかったのだなと噛みしめております。

主演女優賞:綾瀬はるか

いちから作り上げた挑戦の作品で賞をいただけてうれしい
クランクインの3ヶ月前からアクションの稽古を受けていたので、通常よりもドラマの期間が長く感じられました。スタッフさんと一緒にいちから作り上げていって、私自身もみなさんにとっても挑戦の作品だったと思うので、こうして賞をいただけてとてもうれしいです! 今回は主演女優賞をいただきましたが、これからもがんばります。

助演男優賞:神木隆之介

絶対に今までにないドラマにしたいと思っていました
初めての刑事役ということで、苦労することもたくさんありましたが、羽生虎夫という役が大好きでしたし、絶対に今までにないドラマにしたいと思っていました。頑張った後にこうして評価をいただけたのはすごく嬉しいです。浅野(忠信)さんとバディを演じる上で、今回はいかに浅野さんに気を使わないでいけるかがポイントだと思ったので、撮影以外の時も同級生みたいな感覚でお話をさせていただきました。それによって早い段階から2人の面白い関係性が築けたように思います。これからも、もっともっと面白いことをやっていきたいなと思いますし、俳優としても、人としても成長していきたいと思っていますので、見守っていただけると嬉しいです。

助演女優賞: 手塚理美

受賞のお話しをいただいた時は、息子と抱き合いました
今回は感情の起伏が激しくてヒステリックな“毒親”という、全身全霊で入っていかなければ乗り切れないような難しい役でした。ですので、途中から撮影外の時も尚子さんが乗り移ってくる感じがあって、家に帰ると息子に「尚子さんになってるよ!」なんて言われたこともありました(笑)。精神的にも体力的にもキツイ部分もありましたが、今の時代を切り取った素晴らしい作品、また素晴らしいスタッフ・キャストの皆さんと出会い、こうして賞までいただくことができ、努力が報われたというか嬉しかったです。お話しをいただいた時は、息子と抱き合いました。本当にありがとうございました。

脚本賞: 福田靖氏

“チーム先僕”の一員と個人、2つの意味で心から喜んでいます
数字はあまり良くなかったのですが、報われました。30人ほどの教師を取材し、櫻井翔さんのパブリックイメージを考えたときのベストの役を作り上げ、学校という組織の話で、学校ではあるけれど学校では教えないことを取り上げました。自分自身を評価していただいたという嬉しさと、真夏の炎天下にキャスト、スタッフ一丸となってがんばってきた“チーム先僕”としての嬉しさ、2つの意味で心から喜んでいます。賞をもらってこんなに嬉しいと思ったことはありません。僕はあまり賞には縁がないんですけど(笑)。これからもオリジナルにこだわって、エンタテインメントでありながら、説教くさくない程度に社会に対する意義らしきものがあるドラマを作っていきたいと思っています。

新人賞:佐久間由衣

「香澄」を引き寄せてくれた、すべての人のおかげ
『明日の約束』という作品に出逢えてなかったら…想像することすら出来ないくらい、確かに存在していたかけがえのない時間でした。素敵なキャストの皆さんと、愛溢れるスタッフさん、素晴らしいチームの一員になれた事、それだけで十分幸せを感じていましたが、こういった賞という形でひとつ認めてもらえた事は、私にとっては身に余る想いです。「香澄」を引き寄せてくれた、すべての人のおかげです。より一層身を引き締めて、この喜びを胸に、私らしく、一歩ずつ、一歩ずつ、精進したいと思います。これからも、宜しくお願い致します。

コンフィデンスアワード・ドラマ賞とは?

オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催。視聴者のドラマ満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」(※1)結果と有識者の意見をもとに、“質の高いドラマ”を発表する賞。15年7月よりスタート。

第10回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」開催概要

名称 「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」
対象作品NHK総合と民法キー局の国内制作で、3話以上・そのクール内(今期は17年12月31日以内)に終了する作品。NHK連続テレビ小説など、2クールにわたりオンエアされる作品は、終了した時点のクールが審査対象となる。なお、「オリコンドラマバリュー」(※)調査対象エリアの都合により、ローカルのみ放送する作品。バラエティドラマ、ドキュメンタリードラマは除く。(NHK大河ドラマは、18年2月頃発表となる17年度「年間大賞」決定の際に対象となる)
審査員 ドラマに関する有識者とマスコミのドラマ・テレビ担当者
選出方法 1、【A】審査員の投票により「作品賞」、「主演男優賞」、「主演女優賞」の上位10作品または各10名を決定し、それぞれ上位から順に10〜1点を付与。
2、【B】「オリコンドラマバリュー」累積平均ポイントの上位10作品または各10名に対して、それぞれ上位から順に10〜1点を付与。
3、【A】と【B】の合計ポイントにより上位作品ならびに各俳優を確定。この結果を参考に、審査員によって各賞を決定する。
※「作品賞」、「主演男優賞」、「主演女優賞」以外の4 部門については、審査員投票のみで決定。
受賞枠 作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、新人賞(計7部門)
主催 エンタテインメントビジネス誌「コンフィデンス」
※1 オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国約700名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。その結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演俳優」「その他俳優」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点でランキング化している。

プレイバック!「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」歴代の結果

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索