アニメ&ゲーム カテゴリ

【コスプレビフォーアフター】鹿児島はカメコが少ない? 上京して成長した“コスプレ意識改革”

 世界に誇る日本のポップカルチャーとして、多くのアニメ・漫画ファンに親しまれている「コスプレ」。普段の自分とは異なる“別人に変身できる”点がコスプレイヤーたちを魅了して止まないという。今回、人気レイヤー・鹿さんにインタビューを実施。地元鹿児島県と東京との撮影会の違いや、オタ活に踏み出すきっかけなど、美人レイヤーの知られざる“素顔”について聞いた。

イベントや仕事で「役柄」を演じられるようになったのはコスプレのおかげ

――コスプレ活動をするきっかけを教えてください。

鹿学生時代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載していた『ディーグレイマン』のアレン・ウォーカーが好きで、ネットでキャラのことを調べていたらレイヤーさんの写真も出てきたんです。素敵なレイヤーさんだったので、「私もこんな風になりたい、近づきたい」って思ったのが、レイヤーをはじめるきっかけでした。

――最近はどんなコスプレ活動をしていますか?

鹿撮影会をメインにやっています。イベントだと「コミケ」だったり、GWの「ニコニコ超会議」にも行く予定です。

――「ニコニコ超会議」にはどんな衣装で参加する予定ですか?

鹿初出しにはなるんですけど、『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)』に登場するアイドル・島村卯月ちゃんをやる予定です。

――普段はアニメ系キャラが多いんですか?

鹿最近だと「着たい」と思うものをやるようになっています。例えば、キャラものではなくて、頭の中に浮かんだカワイイ制服だったり、いわゆる“創作系”にハマっています。

――コスプレをするようになって、自分の変化は感じますか?

鹿コスプレをしていると時の自分は、わりと堂々していると思います。でも、そうじゃない時は挙動不審かも、人前に出るのが苦手なので(苦笑)。何かを演じるという部分では、仕事のときだったり、その役柄を演じられるようになったのは、コスプレをした“変化”だと思います。

鹿児島のイベントはカメコがいないから、「一眼レフを持っている神!」

――鹿さんは大学生と聞きましたが、何かアルバイトなどをしていますか?

鹿いまは大学に通いつつOLもやっています。仕事は営業をやっていて、コールセンターみたいなお仕事です。

――大学生兼OLさんで、趣味で撮影会もやっていて忙しそうですね。ちなみに、これまでどんな仕事を経験してきましたか?

鹿アルバイトはいろいろやりましたね。生まれは鹿児島なんですが、高校生の時に東京に引っ越しをして、高2の頃は八百屋さんで働きました。働いている間に潰れちゃいましたけど…。

――地元は鹿児島なんですね。コスプレの盛り上がりはどうでしたか?

鹿鹿児島は2〜3ヵ月に1回くらいの頻度でしかイベントがなかったので、みんなそれに向けて頑張る感じで、「絶対に出るぞ!」って意気込んでました。

――回数が少ないから、どのイベントも大切なんですね。どれくらいの規模で人が集まるんですか?

鹿200人くらいだったと思います。東京とかみたいに会場が広いわけでもなく、狭い中でやるので会場内は暑くて大変でした(苦笑)。

――上京して、鹿児島と東京のコスプレ文化の違いを感じましたか?

鹿鹿児島は“野良のカメラマンさん”がいなくて、身内で写真を撮りあっていました。

――東京だと、いわゆるカメコ(カメラ小僧)といわれるカメラマンさんが行列を作って撮影をしますが、鹿児島ではレイヤー同士で撮影するのが定番なんですね。

鹿はい。私の周りは学生さんも多かったので、レイヤーで一眼レフカメラを持っていると「神!」と崇められていました(笑)。

――カメラマンがいなかった鹿児島の頃と比べて、レイヤーとしての楽しみ方は変化しましたか?

鹿鹿児島のころと違って、今はより多くの人に撮影してもらえるので、もっと「可愛くなりたい」って気持ちが強くなりました。コスプレの環境もガラっと変わって、引っ込み思案の自分も変わってきました。だから、「コスプレをすることで自分を変えられる」ってことも、活動を通じて伝えていきたいと思います。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索