アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • コスプレ
  • 【コスプレビフォーアフター】元ガンダムカフェ店員の美人レイヤー「開店から閉店までゲーセンにいた」理由とは?

【コスプレビフォーアフター】元ガンダムカフェ店員の美人レイヤー「開店から閉店までゲーセンにいた」理由とは?

  • ゲーム会社のスタッフとして働く美人コスプレイヤー・ゆしこさん

    ゲーム会社のスタッフとして働く美人コスプレイヤー・ゆしこさん

 世界に誇る日本のポップカルチャーとして、多くのアニメ・漫画ファンに親しまれている「コスプレ」。普段の自分とは異なる“別人に変身できる”点がコスプレイヤーたちを魅了して止まないという。そこで今回、ゲーム会社のスタッフとして働く美人コスプレイヤー・ゆしこさんに、コスプレを始めたきっかけや、『ガンダムカフェ』で働いていた頃のエピソードなど、その知られざる“素顔”を聞いた。

“ガンダム好き”の入り口はゲーセンから「店内では目立っていたかも?」

――レイヤーになったきっかけは?

ゆしこ小さい頃からオタクでしたが、レイヤーとしての活動を始めたのは高校卒業後になります。当時、知り合いの子が『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒのコスプレをしていて、「一緒にやってほしい」って頼まれたのがきっかけです。

――その後はどんなキャラをやりましたか?

ゆしこ私は身長がある(175センチ)ので、『マクロスF』のシェリル・ノームだったり、高身長のキャラをやることが多いです。

――自分にハマるキャラを第一にしているんですね。

ゆしこそうですね。シェリルには愛着もあったので衣装を自作するようにもなりました。私の身長だと既製品の衣装がサイズ的に合わないので、時間がある際は衣装を自作しています。それと、私の好きな作品はマイナーなものが多く、既製品の衣装が出ていないって理由もあります(笑)。

――ちなみに、どんな作品が好きなんですか?

ゆしこゲーム系のキャラが多くて、美少女系ゲームや、FPSに登場するキャラだったり。私の身長を考えると、カッコイイ系や、ゴツイ装備を身に着けたキャラが多くなりますね。

――メジャーなところではガンダムが好きとのことですが、どのシリーズから好きになったんですか?

ゆしこアニメではなく、ゲーセンで稼働している『機動戦士ガンダム vs.シリーズ』が入口なんです。

――ゲーセンの人気ゲームですね。どれくらいプレイしたんですか?

ゆしこ当時ドハマリしたゲームで、開店から閉店まで…なんてこともザラにありました(笑)。

――そのやり込みは凄い!そのゲーセンでは目立った存在だったのでは?

ゆしこ友人とグループでプレイしていたんですが、女性プレイヤーが少ない事と、身長が高かったので目立っていたとは思います。

――そこで好きになったガンダムシリーズは?

ゆしこまずは、『ガンダム00(ダブルオー)』や『ガンダムW(ウイング)』のキャラから入りました。その後は作品自体にも目を向けるようになって、作品としては『08小隊』や『ポケ戦』が好きなシリーズです。

学生時代はガンダムカフェでバイト「途中からなぜかハンバーガー屋さんに…」

――作品のチョイスに“ガンダム愛”を感じます(笑)。

ゆしこガンダム作品の魅力にハマって、専門学生時代に都内の『ガンダムカフェ』で働いていたこともあります。

――『ガンダムカフェ』といえば、ガンダム好きにとっては“聖地”的な場所です。スタッフの方が着用している衣装も、作品にちなんだものですよね。

ゆしこ私は調理系を担当していたので、『ガンダムカフェ』っぽいことは特にしてなかったんです。ただ、ガンダム好きの常連さんとも知り合いになって、共通の話題で盛り上がったのは良い思い出です。

――『ガンダムカフェ』の制服は着用しましたか?

ゆしこ着ていました。でも、途中からガンダムをモチーフにしたハンバーガー屋さんに変更になってしまって…(苦笑)。店内も改装して、スタッフ衣装もエプロン姿に変わってしまいました(笑)。ガンダム要素が薄まって、ちょっと残念でした。

――ガンダムキャラのコスプレはどんなものをやりましたか?

ゆしこ『ユニコーン』のマリーダ。『ウイング』はリリーナとデュオ・マックスウェル。『SEED』だとキラとシン・アスカですね。似合う似合わないではなく、好きなキャラに挑戦しています。

――今後はどんなコスプレに挑戦する予定ですか?

ゆしこコスプレとしてはマイナーですけど、ゲームの『レインボーシックスシージ』の衣装を着たいですね。衣装作りも含めて、“自分の好きなもの”にこだわってレイヤー活動を続けていきたいと思います。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!