アニメ&ゲーム カテゴリ

【コスプレアーカイブ】毎週更新! 美人レイヤーの“素顔”大公開

えなこに憧れ、進むレイヤーの道「コスプレは、私の夢を叶えてくれる存在」

 日本を代表するポップカルチャーとして、漫画やアニメ、ゲームなどと並び、海外でも認知されているコスプレ。昨今ではテレビ番組や雑誌のグラビアページなどでもコスプレイヤーの活躍を目にする機会が多く、今後は“誰でも気軽に楽しめる趣味”として、より幅広い層に浸透していくことが予測できる。今回は、愛知県から上京してきたコスプレイヤー・りゅみるんさんにインタビューを実施。人気コスプレイヤー・えなことの意外な交流など、さまざまな話を聞かせてもらった。

トラブルに見舞われ上京を決意「やりたいことを我慢するより、新しい環境に移ることを選びました」

――コスプレを始めたきっかけは?

【りゅみるん】中学生のころから興味があって、細々と自宅だけで行う“宅コス”をしていました。当時から活躍されている、同じ愛知出身のコスプレイヤー・えなこさんが、どんどん有名になっていく姿を見ているうちに、「私も表に出てコスプレをしたい!」と思うようになったんです。本格的に、コスプレイベントに参加するようになったのは、今から2年くらい前ですね。

――最近、愛知から東京に出てこられたそうですね。

【りゅみるん】地元でコスプレイベントに参加するようになって、レイヤーさんやカメラマンさんと仲良くなれたんですけど、そのなかに“ストーカー行為”のようなことをしてくる人がいて…。そのせいで、イベントに参加するのが怖くなり、地元でコスプレ活動を続けるのが難しくなってしまったんです。遠征で東京のコスプレイベント参加した時に、久しぶりに楽しくコスプレができたので、「これからもコスプレは続けていくなら、この機会に上京するのもアリかも」と思い、引っ越しを決意したんです。

――また同じような目に合うのでは…という不安はなかったのですか?

【りゅみるん】やりたいこともできず、息苦しい思いを続けるよりも、新しい環境に移ったほうが精神的にもいいなと思っていたので、明るいことしか考えてなかったです。すでに仲良しのレイヤー友だちが何人もいましたし、不安はなかったですね。
――上京してから、コスプレに対する取り組み方に変化はありましたか?

【りゅみるん】上京してからは撮影会など、お仕事としてのコスプレをするようになったのは大きな変化ですね。仕事として接するからには、意識の変化もありました。それと、東京はコスプレイベントの回数が多いのがいいですね。規模の大きなイベントだけでなく、街中で気軽に楽しめるイベントも、ほぼ毎月、開催しているので、今年はプライベートでも定期的に参加して、友だちを増やしたいなって思っています。

――コスプレ以外にも、やってみたいことはありますか?

【りゅみるん】歌うことが好きなので、“歌ってみた”や“踊ってみた”系の動画の準備を進めています。完成次第、どんどん投稿していきたいなぁと思っています。あと、グラビアDVDを出すことも、2020年の目標です。

オリジナル衣装にこだわり「自分が納得いくまでとことんこだわれる利点も」

――Twitterのフォロワー2万5000人(2020年1月現在)など、大勢のファンの方から支持されている理由は何だと思われますか?

【りゅみるん】特別なことは何もしていませんが、あえて挙げるなら、SNSに送っていただいたコメントには、必ずお返事するようにしている…くらいですね。私自身、好きなレイヤーさんにご挨拶して、返事をもらえたときはすごくうれしかったので、できる限り、自分でも実践しようと思っています。

――他にも、SNSを活用する際に意識していることはありますか?

【りゅみるん】意識というより願望なんですけど、毎回、「1000いいね超えますように」と思いながら投稿しています。フォロワー数が4000人くらいだった2018年終わりごろ、「今年のうちに1回でもいいから、1000いいねを超えるツイートがしたい!」と思って投稿していて、叶ったのがすごくうれしかったんです。なので、その後、1000いいねを達成したツイートはすべてスクショしているんですよ(笑)。2019年には71回の1000いいねがいただけて。この調子で、2020年も大勢の方に「いいね」と思っていただける投稿を続けたいです。

――投稿されているコスプレ写真はオリジナル衣装が多いようですが、これには何か、こだわりがあるのでしょうか?

【りゅみるん】コスプレに興味を持ったときに、やるならしっかりやろうと思って著作権についても調べたんです。好きでやっているコスプレが、作品の迷惑になることは嫌ですしね。撮影会やコスプレROMの制作・販売など、コスプレを通して収入を得る場合は権利問題が発生するので、そういった活動の際にはオリジナルの衣装を着ています。逆にオリジナルの方が、自分が納得いくまでとことんこだわれるので、最近ではコスプレイベントに参加する際も、オリジナル衣装を着る機会が増えてきました。

――オリジナルだからこそ、既存のキャラクター衣装以上にこだわれる…というのは、両方のコスプレを経験した、りゅみるんさんならではのご意見ですね。これまでのコスプレ活動を通して、印象に残っている出来事はありますか?

【りゅみるん】えなこさんに憧れて、コスプレにのめり込んでいった…とお話ししましたが、まだ愛知県に住んでいたころ、えなこさんがされていた“銀髪ねこみみメイド”のコスプレを完コピしたことがあって。その格好でイベントに参加して、写真を投稿したところ、ご本人から「私のコスプレをしてくださってありがとうございます。いっしょに写真を撮りたかったです」というリプライが届いたんです。
――本人の目に留まるほど、完璧に再現できていたのですね。

【りゅみるん】その後、えなこさんとツーショット写真を撮れる撮影会の抽選に当たって、実際にお会いして。リプライしてもらったことのお礼を伝えたら、私のことを覚えていてくれたんですよ。2019年には、えなこさんが表紙を飾る雑誌に私の写真も掲載されて、一方的な気持ちではありますが、憧れの方を近くに感じることができました。私にとってコスプレは、夢を叶えてくれる存在ですね。

――そうした経験も踏まえて、今後の目標があれば教えてください。

【りゅみるん】おこがましいですけど、いつかえなこさんと同じイベントでステージに出演できるよう、コスプレのクオリティをもっと高めていきたいです。
取材・文=ソムタム田井
りゅみるんTwitter:@ryumirun

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索