• ホーム
  • 趣味
  • 【コスプレ ビフォーアフター】週末は“地下アイドル”の美女レイヤー「コスプレは推しキャラへの愛情表現」

【コスプレ ビフォーアフター】週末は“地下アイドル”の美女レイヤー「コスプレは推しキャラへの愛情表現」

 世界に誇る日本のポップカルチャーとして、多くのアニメ・漫画ファンに親しまれている「コスプレ」。普段の自分とは異なる“別人に変身できる”点がコスプレイヤーたちを魅了して止まないという。そこで今回、“地下アイドル”のレイヤー・雪幸ユイさんに、普段はどんな活動をしているのか? コスプレをはじめた理由など、その知られざる“素顔”を聞いた。

アイドル活動の糧にアイドル活動の糧になったコスプレの失敗「どんな時も笑顔を作る“心構え”」なったコスプレの失敗「どんな時も笑顔を作る“心構え”」

――普段はどんな活動をしていますか?

雪幸ユイ姫事絶対値という地下アイドルグループの活動をしています。グループ名の由来は、ファンの皆さんとの距離はプラスもマイナスもない、常にゼロ距離という意味です。

――主な活動は?

雪幸ユイ毎月、第一第三月曜日に目黒で定期公演をやっています。最近はライブの中に劇を取り入れたり、お客さんの足のサイズを測って、それでライブの料金を決めたり、ユニークな試みをやっています(笑)。

――他のグループメンバーもコスプレをやっているんですか?

雪幸ユイメンバーは5人ですが、コスプレをやっているのは私だけです。

――コスプレを始めたきっかけを教えてください。

雪幸ユイ友達がコスプレをやっていて、興味はあったけど、なかなか一歩を踏み出せないでいたんです。お金もかかりますし、作品に対する理解力も必要です。どうしようか迷っていた時に、身近な友達に勇気づけられて始めました。

――コスプレデビューのキャラは?

雪幸ユイ『うみねこのなく頃に』という作品の右代宮真里亞というキャラでした。ただ、当時はメイクもほとんど経験がなかったので、クオリティは全然ダメでしたね(笑)。

――コスプレの失敗経験は、今の地下アイドル活動の糧になっていますか?

雪幸ユイそれは感じます!コスプレをすることで他人に“見られる”ことを意識するようになりました。姫事絶対値はライブ中の撮影をOKにしているんです。だから、いつでも撮られているっていう心構えや、メイク技術などはアイドル活動に役立っています。

コスプレは推しキャラや好きなアニメへの愛情表現「敬意を欠くようなことはしたくない」

――お気に入りのコスプレは何ですか?

雪幸ユイ「夏コミ94」でやった『ラブライブ!』の絢瀬絵里ちゃんは、評判が良かったので嬉しかったです。

――次にやってみたいキャラを教えてください。

雪幸ユイプリキュアが大好きなので、『HUGっと!プリキュア』のキュアアンジュをやりたいと思っています。ただ、髪型をウィッグで再現するのが難しいキャラなので、今は手がつけられていない状態です。

――これまでにコスプレキャラは何種類くらいやってきたんですか?

雪幸ユイまだ数種類しかチャレンジできていないんです。本当はもっとやりたいんですが、コスプレイベントは週末が多くて、地下アイドルの活動とかぶってしまうんです。なんとかコスプレをする機会を増やしたいと思っています。

――ユイさんにとってコスプレとは?

雪幸ユイ推しキャラや好きなアニメへの愛情表現の手段です。まさに愛の結晶だと思っています。だからキャラや作品の背景などをしっかり把握したうえで撮影に臨みたいと思っています。勉強不足だと、ありえないポージングをしてしまうので。アニメ作品に対して、ちゃんと敬意を持って接したいと思っています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!