ドラマ&映画 カテゴリ

『コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2018』発表 『おっさんずラブ』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント

作品賞:土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』

「作品賞」は、ドラマ名が『2018 ユーキャン新語・流行語大賞』トップ10にも選出される話題作となった、テレビ朝日系『おっさんずラブ』が受賞した。

 本作は、「おっさん同士」のピュアな恋愛を描いた物語。日本は欧米諸国に比べLGBTへの理解が低く、「男性が男性を好きになる」という設定は挑戦であり、また少しでも配慮に欠けると批判を受ける難しさもあったはず。しかし、徹底して純愛にこだわり、人を好きになることの素晴らしさを真正面から描いたことで、あらゆる難題をはねのけた。またこの成功は、愛すべき登場人物と各役を魅力的に演じた俳優陣によるところも大きかったと言えるだろう。
 深夜ドラマとあって視聴率はさほど振るわなかったが、ネットでは放送のたびに熱が高まり、Twitterでは「#おっさんずラブ」が世界トレンド1位を獲得。放送後も人気は衰えず、DVD・BD はTVドラマ部門の年間売上1 位を記録し、主演を務めた田中圭の人気も加速するばかり。結果、本年に劇場版が公開、続編ドラマが放送されるまでの事態となっている。

 審査会ではTBS 系『アンナチュラル』との接戦となったが、ドラマの新時代を切り拓くようなパワー、存在意義が決め手となり本作が制した。

『おっさんずラブ』貴島彩理プロデューサー 受賞コメント

制作発表当時は“ギャグを言っている”と思われていた
 キャストのみなさんが丹念にキャラクターを作り上げてくださったこと、そのキャラクターをドラマが終わった後も多くの視聴者が愛し続けてくだったこと、そして、今もどこかで登場人物たちが生き続けている…と思える世界観を作りあげてくれたチームのメンバー全員に、心から感謝しています。ただただピュアな王道恋愛ドラマを作りたい一心でスタートしましたが、制作発表当時は信じてもらえず“ギャグを言っている”と思われていた。でも、そんななかでもブレずに一緒に進んでくれた仲間がいたから、『おっさんずラブ』の今があると思います。本当にありがとうございました。

ロングインタビュー“ひたむきで純粋な恋”、貴島Pが語る『おっさんずラブ』

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月7日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月7日号

<COVER STORY>
古澤佳寛氏(STORY 代表取締役社長)
中国から北米、日本のクリエイティブを世界へ
「市場が広がれば解決できることは多い」

<SPECIAL ISSUE>
完全保存版
2019年下半期
新人パーフェクトリスト

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索