ドラマ&映画 カテゴリ

第15回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表! 作品賞『トクサツガガガ』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着

新人賞:白石聖

 「新人賞」は、オトナの土ドラ『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ系)で主人公・高規範子(山口紗弥加)の高校生時代を演じた白石聖が受賞した。

 範子は法律のみを唯一の価値基準として生きる“絶対正義”の女性。彼女の母親もまた正義を追求する人で、高校生当時の範子は息苦しさを感じていたが、門限破りをして家を飛び出したある夜、娘を追いかけようと信号無視をした母親が車にはねられ死亡。この出来事によって範子の人格が決定づけられ、主人公の高校時代こそが物語のカギとなった。
 重要な役回りを担った白石は、感情が欠落した範子の心情を、声のトーンや視線で巧みに表現。終盤には範子の娘・律子役としても出演したが、狂気をはらんだ演技は山口、美村里江、片瀬那奈らベテラン勢に引けを取らず圧巻の存在感を放ち、審査員から高く評価された。

 先だって白石は、“人気女優への登竜門”としても知られる「12代目ゼクシィCMガール」に抜てき。2019年は、さらなる飛躍の年となりそうだ。

白石聖 受賞コメント

女優として初の受賞、本当に嬉しいです
 最近、インタビューなどで今後の目標を聞かれると『(女優として)賞に選んでいただきたい』と答えていたので、こんなに素晴らしい賞をいただけることになり、本当に嬉しいです。撮影前に原作を読んだのですが、私が演じた「絶対正義」の範子のことを最初は一切理解ができませんでした。でも監督と話し、回を重ねて演じていくうちに、役への理解が深まっていきました。すごく面白い作品が多かった1月期のドラマのなかで、新人賞をいただけて大変光栄です。素晴らしい賞に恥じぬようこれからも頑張っていきたいです。

【ロングインタビュー】『絶対正義』狂気の高校生役で新人賞受賞の白石聖、次は「明るいギャル役をやってみたい」

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索