アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 春ドラマ期待度ランキング、「キントリ」&「ミタゾノ」新作が同率1位 攻守のバランスとれたテレ朝がTOP3独占

春ドラマ期待度ランキング、「キントリ」&「ミタゾノ」新作が同率1位 攻守のバランスとれたテレ朝がTOP3独占

 いよいよ新年度が幕を開け、心機一転、新たな一歩を踏み出している人が多いことだろう。各テレビ局でも春の改編を受け、新番組が続々とスタート。なかでもここ最近、コンスタントに話題作が生まれ盛り上がりを見せる「ドラマ」は、この4月クールも各局熱の入った作品を取り揃えており、期待と不安が渦巻く新生活を楽しませてくれそうだ。そんな注目作が並ぶ“春ドラマ”のなかでも、世間の関心を集めている作品は何か? そこで、オリコンが発行する『コンフィデンス』誌では、19年4月クールの主要ドラマを対象に期待度調査を実施。結果、天海祐希主演の木曜ドラマ『緊急取調室』、TOKIO松岡昌宏主演の金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(ともにテレビ朝日系)が、ともに80Pt満点中75Ptと高得点をマークし、同率で「春ドラマ期待度ランキング」1位を獲得した。視聴者が注目するポイントとは。
 同調査は19年3月12日〜19日の期間、ドラマに興味関心のある全国の10代〜50代の男女、計1364名を対象に実施したもの(※NHK、民放各社で放送される主要ドラマが対象/3月11日時点で未発表の作品、帯ドラマは除く)。各作品「視聴」、「主演」、「主演以外のキャスト」、「内容」の4項目についての期待度を数値化し、1〜20までのポイントに分類(1項目20Pt満点×4項目=80Pt満点)。その合計ポイントから順位付けし「期待度ランキング」として発表した。

ともにシリーズ第3弾、ストーリーに加え主人公らの変化にも注目

 1位に選ばれた『緊急取調室』と『家政夫のミタゾノ』は、今作がともに連ドラ第3弾となる人気シリーズ。『緊急取調室』は17年4月クール以来2年ぶり、『家政夫のミタゾノ』は18年4月クール以来1年ぶりの新シリーズ放送となる。
 “キントリ”の愛称でも親しまれる『緊急取調室』は、取調室という名の“密室の戦場”で、刑事と被疑者が一対一で生身のぶつかり合いを繰り広げる刑事ドラマ。『ギフト』、『きらきらひかる』など、骨太の作品を手がける井上由美子脚本の濃密なストーリー、主演の天海らキャスト陣の熱演による取り調べシーンが人気で、新シーズンにも「ハラハラドキドキしながら楽しめる作品なので楽しみ」(40代女性/千葉)、「天海さんのカッコいい刑事役がまた観られて嬉しい」(30代男性/大阪)との声が寄せられている。手に汗握る展開で視聴者を引きつける一方、同作はキントリメンバーが集う居酒屋でのコミカルなシーンも見どころの1つ。新たに塚地武雅がキントリメンバーに加わり、チームワークの変化に注目したいと答える視聴者もいた。
 一方、『家政夫のミタゾノ』は、神出鬼没な女装家政夫・三田園薫が、依頼人の家庭の事情を覗き見してはぶち壊していくという奇想天外な物語。卓越した家事スキルと高い身体能力を持つ“不気味”な主人公を好演する松岡昌宏は、同役で視聴者と有識者が選ぶ質の高いドラマに贈られる『第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』(16年10月期の主なドラマが対象)主演男優賞に輝くなどハマり役に。視聴者からは、「所作もどんどん美しくなって、どんな進化を見せてくれるか楽しみ」(50代女性/兵庫)、「松岡さんと新キャストの伊野尾慧さん、川栄李奈さんとのやり取りに期待」(30代女性/東京)などと、松岡の演技に関心を寄せている人が多かった。また本作は劇中に登場する「家事の裏技紹介」も人気を集めており、今回は番組とSNSを連動させたお悩み&質問企画を実施。視聴者とのコミュニケーションがどのように番組に反映されていくか、注目だ。

昨春『おっさんずラブ』に沸いた土曜深夜、今度は“AK男子”でブームに?

 3位にランクインしたのは、同じくテレビ朝日系の土曜ナイトドラマ『東京独身男子』。オリジナルの深夜ドラマながら、80Pt満点中73Ptの高得点をマークした。本作は人並み以上の容姿、スペックを持ちながら、あえて(A)結婚しない(K)人生を歩んできた“AK男子”たちが、思いがけず難婚の壁にぶち当たるという、アラフォー独身男子たちの結婚をめぐるラブコメディ。“AK男子”を演じるのは高橋一生、斎藤工、滝藤賢一と人気と実力を兼ね備えた面々で、視聴者からは「テーマが面白いし、3人のかけ合いに期待!」(40代女性/静岡)、「どんな役でもハマる3人が演じる“こじらせ男子”がとにかく楽しみ」(40代女性/新潟)とのコメントが目立った。なお、同「土曜ナイトドラマ」枠は昨春、『おっさんずラブ』の放送で大いに盛り上がりを見せた放送枠。作品への期待値の高さから「またブームが起こる予感」(40代女性/大阪)との声も挙がっていた。
 続く4位には、金曜ドラマ『インハンド』(71Pt)、5位には日曜劇場『集団左遷!!』(70Pt)と、TBS系ドラマが揃ってランクイン。朱戸アオ氏の同名漫画を実写化する『インハンド』は、山下智久演じる義手の天才科学者・紐倉哲が、お人好しで正義感の強い助手(濱田岳)、クールでやり手の美人官僚(菜々緒)と共に、最新科学がもたらす難事件に立ち向かうサイエンスミステリー。劇場版『コード・ブルー』のヒットも記憶に新しい山下が今度は変わり者の科学者を演じるとあって、「山下さんの新たな一面が見られそうで楽しみ」(10代女性/奈良)との声が多数。

 一方、江波戸哲夫氏の同名小説が原作の『集団左遷!!』は、窮地に立たされた銀行マンたちが協力し合い巨大組織に立ち向かう姿を描く物語。働く男たちによる熱き逆転劇に定評のある「日曜劇場」が、福山雅治主演で展開する新たな人間ドラマに、「キャストの演技含め見応えがありそうで楽しみ」(40代男性/埼玉)との声が寄せられている。

ドラマシーンの盛り上がりを感じさせる、バラエティ豊かな作品群が目立つ4月クール

 今回ランキングのTOP3を占めたのは、テレビ朝日制作のドラマ。テレビ朝日といえば、『相棒』や『ドクターX』、『遺留捜査』、『DOCTORS〜最強の名医〜』など、オリジナル脚本による人気シリーズを数多く擁し、特にF2、F3層に支持されることで高視聴率を獲得してきた。安定感のある刑事、医療系ドラマで人気を得る一方、深夜枠では挑戦的な作品を展開。特に17年10月期より土曜日にドラマ枠が復活したことで、おっさん同士の純愛を描いた『おっさんずラブ』をはじめ、デジタル遺品をテーマにした『dele』、性体験がない30歳以上の男女にスポットを当てた『オトナ高校』など、よりバラエティに富んだ作品が打ち出されるようになり、今回もTOP3のうち2作がオリジナルの深夜ドラマという点が非常に興味深い。攻守のバランスがとれた同局が展開する新ドラマがどのような盛り上がりを見せていくのか注目だ。

 また、そのほかにも今期ドラマには、LGBTを要素として取り入れた『きのう何食べた?』(6位/68Pt)や『俺のスカート、どこ行った?』(10位圏外)、『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』(10位圏外)、放射線科医の活躍を描く『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(7位/65Pt)、働き方改革を意識した『わたし、定時で帰ります。』(8位/64Pt)、障がいが原因で恋をあきらめた主人公と、そんな主人公が初恋相手のヒロインとの愛の物語を描く『パーフェクトワールド』(10位/61Pt)、VTuberが出演する『四月一日さん家の』(10位圏外)など、時代性を反映したバラエティ豊かな作品がズラリ。こういったラインアップからも、昨今のドラマシーンの盛り上がりを感じ取ることができる。

19年“春ドラマ”期待度ランキング TOP10

木曜ドラマ『緊急取調室』

主演:天海祐希

期待度:75Pt

テレビ朝日系/木曜 21:00

木曜ドラマ『緊急取調室』|主演:天海祐希

1

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』

主演:松岡昌宏

期待度:75Pt

テレビ朝日系/金曜 23:15

金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』|主演:松岡昌宏

1

土曜ナイトドラマ『東京独身男子』

主演:高橋一生

期待度:73Pt

テレビ朝日系/土曜 23:15

土曜ナイトドラマ『東京独身男子』|主演:高橋一生

3

金曜ドラマ『インハンド』

主演:山下智久

期待度:71Pt

TBS系/金曜 22:00

金曜ドラマ『インハンド』|主演:山下智久

4

日曜劇場『集団左遷!!』

主演:福山雅治

期待度:70Pt

TBS系/日曜 21:00

日曜劇場『集団左遷!!』|主演:福山雅治

5

ドラマ24『きのう何食べた?』

主演:西島秀俊、内野聖陽

期待度:68Pt

テレビ東京系/金曜 24:12

6

『特捜9 season2』

主演:井ノ原快彦

期待度:64Pt

テレビ朝日系/水曜 21:00

『特捜9 season2』|主演:井ノ原快彦

8

『パーフェクトワールド』

主演:松坂桃李

期待度:61Pt

関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00

『パーフェクトワールド』|主演:松坂桃李

10

金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』

主演:上川隆也

期待度:61Pt

テレビ東京系/金曜 20:00

金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』|主演:上川隆也

10

『あなたの番です』

主演:原田知世、田中圭

期待度:61Pt

日本テレビ系/日曜 22:30

『あなたの番です』|主演:原田知世、田中圭

10

【調査概要】
■期間:19年3月12日〜3月18日
■対象:合計1364名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
■地域:全国47都道府県
■方法:インターネット調査
■機関:オリコン・モニターリサーチ
※NHK、民法各社で放送される主要ドラマが対象/3月11日時点で未発表の作品、帯ドラマは除く

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年4月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年4月15日号

<COVER STORY>
北村久美子氏(AOI Pro. 情報開発プロジェクトチーム プロジェクトリーダー)
「一見相反するような交流が業界を成熟させる
今後も領域を超えた議論のテーブルを作っていきたい」

<SPECIAL ISSUE>
“攻守”盤石なテレビ朝日がTOP3独占
2019年4月期ドラマ期待度ランキング

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019