アニメ&ゲーム カテゴリ

【コスプレアーカイブ】毎週更新! 美人レイヤーの“素顔”大公開

深夜ラジオ“ヘビーリスナー”の日常に溶け込む“変身願望”「私の中には“スイッチ”があるのかも」

 ウィッグや衣装を用意して、好きな漫画、アニメ、ゲームなどのキャラクターに変身するコスプレ。日本を代表するポップカルチャーの一角として、海外からも注目されており、新たなコスプレイヤーが続々参入し、その人気も過熱の一途を辿っている。今回は、アクセサリーデザイナーでもある人気コスプレイヤー・JILLさんにインタビューを実施。仕事とコスプレの両立など、日々の活動に対するリアルな本音を語ってもらった。

コスプレを始めてから体づくりも「制作者が一生懸命作った姿をお借りしていることを忘れずに」

――コスプレを始めたきっかけは?

【JILL】中学生のころ、『東京ゲームショウ』に遊びに行ったんです。そこで初めてコスプレイヤーを見かけて、楽しそうだなと思ったのがきっかけです。さっそく母に頼んでミシンを買ってもらい、布もいろいろと買い揃えて。見よう見まねで衣装づくりに挑戦しました。

――いきなり自作だと、わからないことも多かったのでは?

【JILL】既製品のコスプレ衣装も売っていることは知っていましたが、中学生のお小遣いでは手が出なくて。似た感じの安い服を買ってきて改造したり、図書館で型紙付きの本を借りてきて、それを見ながら作ったりしました。そうして、何とか完成した衣装で翌年のTGSに参加したのが、コスプレデビュー時の思い出です。

――それ以来、さまざまなコスプレイベントに遊びに行くようになったわけですね。

【JILL】それが、しばらくは続けていたのですが、就職を機に、いったんコスプレはお休みすることにして…。

――お休み期間を経て、どういったきっかけで活動を再開されたのでしょう?

【JILL】ボカロPや絵師といった“モノづくり”に取り組んでいる人たちと、続けて知り合う機会があったんです。その人たちの話を聞いているうちに「私も“モノづくり”に関わりたい」という思いがふつふつと湧いてきて。とはいえ、絵が描けるわけでもないし、音楽を作れるわけでもない。今からでもやれそうな、私にできることって何だろう…と考えた結果、コスプレ活動を再開することにしたんです。
――コスプレを再開したことで、日々の生活にも変化はありましたか?

【JILL】コスプレは、アニメやゲームの制作者の方たちが、一生懸命考えて作られたキャラクターの姿をお借りする…ということなので、イメージを損なわないよう、体づくりに気をつけるようになりました。コスプレには体力もいるので、ジムに通って体を鍛えています。それと、ベストなコンディションで写真を撮っていただけるよう、体調やお肌の管理にも気をつけています。

――お仕事とコスプレの両立は大変なのでは?

【JILL】アパレル関係の企画デザインなんですけど、ありがたいことに、自由の利く職場なんです。時間の使い方はある程度、こちらに決めさせてくれて。なので、コスプレ活動とのバランスも取りやすいんですよ。ちなみに、担当しているのは小物やアクセサリーのデザインなので、仕事で得た知識や技術は、コスプレ衣装の装飾品を作るときにも役立っています。

コスプレ以外の趣味も大切にするライフスタイル「バイオレンス映画や深夜ラジオが好き」

――JILLさんといえば、企業の公式コスプレのお仕事などもこなされていますが、仕事としてコスプレに取り組む頻度はどれくらいですか?

【JILL】本職もあるので、そんなに多くはないです。アニメやゲームの公式コスプレのお話もいただきますが、1シーズンに1、2回くらいですね。もちろん、お仕事としてお声がけいただけるのはとてもありがたいですが、コスプレで収入を得て、それ1本で食べていこう…という気持ちはぜんぜんなくて。写真集などの創作物を作ることが好きなので、時間があればコスプレのクオリティアップに努めて、イベントにも参加したりして。趣味として満喫しています。

――コスプレ以外にも趣味はありますか?

【JILL】ストリーミングサービスを利用して映画を見ています。ジャンルでいうと、ホラーやバイオレンスが好きで、北野武監督や白石和彌監督の作品は全部見ていますね。狂気をはらんだ世界観に惹かれるといいますか、悪そうなおじさんがたくさん出てくる映画があると、ついつい見入ってしまいます。あくまでも映画の中の話なので、実際にそういう人が近くにいたら怖いですけど(笑)。あと、深夜ラジオも好きで、『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』、『伊集院光 深夜の馬鹿力』、『アルコ&ピース D.C.GARAGE』は毎週欠かさず聴いています。

――ラジオだと、衣装を制作しながら聞けるのがいいですね。

【JILL】そうですね。それともうひとつ、今はロックバンドの『女王蜂』を追いかけているので、今でもライブには足しげく通っています。好きなことや熱中できるものがあると、日常生活はより楽しくなると思っているので、これからも夢中になれるものを見つけていきたいです。
――続けてお聞きしたいのですが、JILLさんにとって、コスプレイヤー“JILL”とはどのような存在ですか?

【JILL】いろいろご縁がありまして、現在、約8万人のフォロワーさんに応援していただいていますが、私自身はぜんぜん大した人間ではなくて…。コスプレも趣味でやっているだけなので、自分とは何者か?と聞かれても、困惑してしまいますね。ただ、コスプレ衣装を着ると、背筋がピンと伸びて「そのキャラクターのイメージを崩さないようにがんばらないと」という気持ちになるので、私の中には気持ちを切り替える“コスプレスイッチ”みたいなものがあるのかもしれないですね。

――それでは最後の質問になりますが、ずばり、JILLさんにとってコスプレとは? 素直なお気持ちをお聞かせください。

【JILL】仕事をする日、コスプレをする日…と、分けては考えていなくて。イベントに参加するだけでなく、衣装を制作したり、新しいメイク用品を買いに行ったり。次はどのキャラクターのコスプレをしようかと考えたりする時間も、活動の一環だと思っているので、コスプレはすでに日常生活の一部になっています。まだまだ非日常な趣味…という見方が強いですが、毎日の生活の中に、ごく自然にコスプレが溶け込んでいるライフスタイルも楽しいですよ。
取材・文=ソムタム田井
JILL Twitter:@JILL_mw

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索