ダンス&ボーカルグループ・Cool-X「名古屋と一緒に日本、世界へと羽ばたきたい」

 ボーカル:前田純基・萩凌介・馬場涼真、パフォーマー:濱中元嗣・山内大輝による名古屋・大須発の5人組ダンス&ボーカルグループ・Cool-X。2017年7月の活動開始以降、地元を中心に活動を続け、ファンを急拡大する彼らの素顔と音楽に迫った。

ドームを埋めるトップクラスのダンス&ボーカルグループを目指す

――アーティストを目指そうと思ったきっかけを教えてください。
前田純基昔から歌うことが好きで、多くのアーティストさんを見て、自分も音楽を通して人に想いを伝えていきたいと思い、アーティストを目指しました。
馬場涼真歌を習い始めて、歌うことの楽しさにハマってしまってから真剣に目指すようになりました。
萩凌介最初は軽い気持ちで始めたらどんどんハマっていき、いつの間にか真剣に目指すようになっていました。
山内大輝憧れのアーティストがいて、それでダンスを始めていつか自分もそのアーティストのように人を感動させたり、人に元気や勇気を与えられたりできたらなって思って目指し始めました。
濱中元嗣小学生の頃からEXILEさんが大好きで、名古屋にEXILEさんのダンススクールが開校した事をきっかけにダンスを始めてアーティスト目指し始めました。

――Cool-Xとしての特徴や強みについて教えてください。
Cool-XCool-Xには一人ひとり個性で溢れるメンバーが集まっています。ライブパフォーマンスにはもちろん気合いを入れていますが、曲間にあるMCも考え込んでいて、観に来てくれた少しでも多くの方々を楽しませられるよう心がけています。名古屋と一緒に日本、世界へと広がっていきたいです!

――ライブでのこだわりや、気をつけていることなどはありますか?
Cool-Xセットリストやライブでやる企画、MCの内容など、どんなことをやるか自発的に考えて、より良いものを観に来てくれた方に届けられるよう心がけています!

――デビュー曲「この街でキミと〜NAGOYA LOVER〜/Hands Up」の聴きどころを教えてください。
Cool-Xボーカル3人が作詞した「この街でキミとー NAGOYA LOVER ー」は、歌詞に名古屋の名所がたくさん登場します!注目して聴いていただきたいです!ライブでめちゃくちゃ盛り上がる「Hands UP」は、今までのCool-Xとは一味違ったカッコ良さが魅力です!このなかではCool-Xらしさが1番出ていると感じるのが「Your Hero」。1曲ずつタイプが違うので、多くの方に気に入ってもらえると思います!

――音楽シーンで目指しているポジションは?
Cool-Xドームライブがいっぱいになる、トップクラスのダンス&ボーカルグループを目指しています!

――歌を通してどんなことを伝えていきたいですか?
Cool-X勇気や夢を伝えていきたいです。いまの世の中、多くの人がそれぞれ、さまざまな思いを抱えていると思います。Cool-Xのパフォーマンスで、たくさんの人たちに僕らの熱い想いを伝えていきたいです。感じ方、伝わり方は人それぞれだと思いますが、僕たちの音楽が聴いてくれる人のBGMになって、それぞれの人生に彩りを与えていきたいです。

メンバーそれぞれの個性に迫る☆

――最近はまっているモノなどこだわりを教えてください。
前田純基ピアノにハマっています。まだまだ全然弾けないですけど(笑)。
馬場涼真ドラクエのゲームにはまっています!
萩凌介温泉にはまっています!
山内大輝アクロバットです!
濱中元嗣Call of Duty モバイル、岩盤浴、温泉!

――自分の性格をひと言で言うと?
前田純基見た目怖いけど、中身は優しくておもしろい。
馬場涼真マイペース。
萩凌介天然とたまに言われます。
山内大輝気分屋。
濱中元嗣優しくてチャラい。いい意味で(笑)。

――一番リラックスする瞬間は?
前田純基実家で寝るときです!
馬場涼真家のソファーに飛び込んだときです!
萩凌介アロマを焚いてベッドに入って寝る瞬間です。
山内大輝風呂に入っているときです。
濱中元嗣お風呂入った後にベッドに入った瞬間です。

――子どもの頃の夢、そしていま思い描いている夢や目標は?
前田純基子どもの頃はサッカー選手。今は紅白出場や、ドームライブ!
馬場涼真子どもの頃は野球をやっていたのでメジャーリーガーになりたかったです!今は、ドームでライブをできるアーティストになることです!
萩凌介子どもの頃は、野球選手か幸せな家庭を持つこと。今は、ドームツアーです!
山内大輝子どもの頃は、欧州で活躍するプロサッカー選手。今は、Cool-Xでドームツアーをすること!
濱中元嗣子どもの頃は、野球選手(ピッチャー)。今は、Cool-Xでドームツアー、影響力のある人になること。
■Cool-X 公式サイト:http://x-hall-zen.jp/coolx(外部サイト)

ブレイク期待の新人アーティストが続々デビュー(並びは五十音順)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索