民謡の申し子・彩青、彗星のごとくデビュー「歌で世界中の人に元気を、笑顔を届けたい」

 5歳で民謡を始め、7歳より津軽三味線、尺八を始めた“民謡の申し子”彩青(りゅうせい)。その才能、歌声を細川たかしに認められ、11歳の時に細川に師事し丸5年、16歳の若さで新時代「令和」に彗星のごとくデビュー。そんな彩青の素顔と音楽に迫った。

若手演歌歌手といえば「彩青」「第二の細川たかし」を目指す

――歌手を目指そうと思ったきっかけを教えてください。
彩青僕は5歳から民謡を習い、小学校1年生で津軽三味線・尺八と習ってきました。とにかく歌が大好きで、いつか歌手になって僕の歌で世界中の人に元気を、笑顔を届けたい!と思ったことがきっかけです。

――歌手としての特徴や強みを教えてください。
彩青歌!尺八!津軽三味線!三刀流歌手というところです!!!

――ライブでのこだわりや、気をつけていることは?
彩青観に来てくださった方々の心に響く歌を歌う、弾く!ということ。みなさまに「今日は来てよかった!!」と思っていただけるよう、楽しんでいただけるようにがんばっています!!

――「銀次郎 旅がらす」の聴きどころを教えてください。
彩青とても明るく、元気な「股旅演歌」で、自分が尺八を吹きながら歌うという新スタイルとなっています!

――音楽シーンで目指しているポジションは?
彩青若手演歌歌手といえば「彩青」!そして、細川たかし師匠を目指し、「第二の細川たかし」!と言っていただけますようがんばって参ります!

――歌を通してどんなことを伝えていきたい?
彩青歌で日本中、世界中のみなさまへ笑顔を、元気をお届けできる歌手になっていきたいと思います!!

彩青の個性に迫る☆

――最近はまっているものやこだわりを教えてください。
彩青はまっているものは、初めて食べに行ったお店の箸袋集めと、楽器の手入れです。こだわりは、My七味唐辛子、My醤油を持ち歩くこと!!

――自分の性格をひと言でいうと?
彩青「歌が命」

――一番リラックスする瞬間は?
彩青実家の猫と遊んでいるとき、レコードで音楽を聴いているときです。

――子どもの頃の夢、そして、いま思い描いている夢や目標は?
彩青小さい頃は民謡の先生になることが夢でした!今は、細川たかし師匠のように、歌でみなさまに感動をお届けできる歌手になれるように精いっぱいがんばって参ります!!!
■彩青 公式サイト:https://columbia.jp/artist-info/ryusei/(外部サイト)

ブレイク期待の新人アーティストが続々デビュー

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索