歌謡曲系大型新人・青山 新がデビュー「“歌い飛ばす”歌唱が自分の魅力」

 中学時代に出場したカラオケ大会で、作曲家・水森英夫氏に見いだされた逸材であり、透明感がありながらパンチのある歌声と、爽やかなルックスを武器にする19歳・青山 新(あおやま しん)。テイチクレコード創立85周年・芸映創立60周年記念アーティストの歌謡曲系大型新人だ。そんな青山の素顔と音楽に迫った。

老若男女に愛される、人の心を動かせるような歌を歌いたい

――歌手を目指そうと思ったきっかけを教えてください。
青山 新カラオケ大会で審査員の方に声をかけていただきました。

――歌手としての特徴や強みについて教えてください。
青山 新デビューに向けて、師匠・水森英夫先生にレッスンをしていただき、1日も早くみなさまの前で歌を披露できるようがんばっています。“歌い飛ばす”歌唱が自分の魅力だと思っています。

――ライブでのこだわりや気をつけていることはありますか?
青山 新まだライブの経験がないのでわかりませんが、歌うときには1つひとつ精一杯歌うことを心がけています。

――デビュー曲について教えてください。
青山 新2020年発売予定です。先日、はじめてのレコーディングに臨み、とても緊張しましたが、みなさまにお届けできるのが楽しみです。

――音楽シーンで目指しているポジションはありますか?
青山 新老若男女に愛される歌手になりたいです。

――歌を通してどんなことを伝えていきたいですか?
青山 新人の心を動かせるような歌を歌いたいです。

青山 新の個性に迫る☆

――最近はまっているモノやこだわりを教えてください。
青山 新 コーヒーにはまっています。

――自分の性格をひと言で言うと?
青山 新優柔不断。

――一番リラックスする瞬間は?
青山 新ベッドでYouTubeを観ているとき。

――いま思い描いている夢や目標は?
青山 新新人賞のステージに立てるようにがんばりたいです。いつかは『紅白歌合戦』!

ブレイク期待の新人アーティストが続々デビュー(並びは五十音順)

提供元: コンフィデンス

タグ

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索