アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 深川麻衣、音楽活動を糧に迎えた飛躍の年「思うようにいかないことを原動力に」

深川麻衣、音楽活動を糧に迎えた飛躍の年「思うようにいかないことを原動力に」

2016年に乃木坂46を卒業し、女優としてキャリアを積んできた深川麻衣。18年は、初主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で『第10回TAMA映画賞』最優秀新進女優賞を受賞。19年は1月7日から連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に登場し、1月25日(深夜0時52分〜)からスタートする『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京ほか)では地上波連続ドラマ初主演。飛躍のときを迎えている新鋭女優に、現在の思いを聞いた。

アイドル時代の不安もうれしさも思い出した地上波連ドラ初主演の新米マネージャー役

――19年は、地上波連ドラ初主演作となる『日本ボロ宿紀行』が1月からスタートしますね。撮影にはどんな気持ちで挑みましたか?
深川麻衣やっぱり主演させていただくからには、自分の実力を精一杯出さなくては、という気持ちでした。ただ、“しっかりやらなきゃ”という気持ちにあまり翻弄されないようにしていました。ドラマの撮影はスピード感があり、セリフ量が多い作品でもあるので、監督のリクエストにその場で応えて、自分のなかにあるものを絞り出していかないといけない。そういう瞬発力を鍛えていただきました。

――深川さん演じる春子は、亡き父が経営していた芸能事務所を引き継いだ新米マネージャー。かつてヒットを飛ばした一発屋のポップス歌手・龍二(高橋和也)と地方営業の旅に出て、日本の古い宿を泊まり歩きます。撮影は、実際の宿で行われたそうですね。
深川麻衣日本の古き良き宿で撮影したので、ハプニングが多くて楽しかったです。高橋さんがドアを開けたら外れてしまったり…(笑)。実際に約1ヶ月間、キャスト、スタッフの皆さんとバスで旅をしながらの撮影で、たくさんコミュニケーションを取ることができました。ほぼ高橋さんと二人芝居のドラマなので、最初はすごく緊張したのですが、回を重ねるごとに息が合ってくるのを実感できて。2人のシーンは、けっこうアドリブも入っています。エンディングで2人が歩いているシーンは、台本に「会話する2人」としか書いていなくて、セリフの内容を任せていただいたりしました。
――春子のキャラクターは、どんなふうに意識していましたか?
深川麻衣春子はものすごく喜怒哀楽が激しくて、言いたいことをズバズバ言う女の子なので、龍二さんにキツイことを言うシーンも多いです(笑)。でも、根本には亡くなったお父さんへの愛情とか、龍二さんへの尊敬の思いがあるので、その気持ちは忘れないように心がけていました。龍二さんの歌が好きで、たくさんの人に聴いてほしいと思う気持ちを大事にしていました。

――ご自身はかつてアイドルとして音楽を届ける立場でしたが、今回のマネージャー役を演じて、感じたことはありましたか?
深川麻衣龍二さんが不安になって弱音を吐くシーンは、その気持ちがすごく理解できました。高橋さんも私もグループ出身なので、空き時間に当時を思い出しながら「ちょっとわかりますよね」みたいな話をしたこともあります(笑)。私も音楽活動をしていた頃は、やっぱりうまくいくことばかりではなかったので。でも、少しでも“人に届いた”と思える瞬間があると、苦労も吹き飛ぶくらいうれしかったです。今回の現場では、そんな気持ちも思い出しました。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年1月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年1月21日号

<COVER STORY>
三浦文夫氏(関西大学 社会学部メディア専攻 教授)
「ラジオを中心とした
radikoプラットフォームの進化に向けて」

<SPECIAL ISSUE 1>
スタートアップとの連携が進む2019年
音楽業界が進むべき方向性
求めらる“テクノロジーA&R”視点からの未来図へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 12月度

<2019 Leader‘s Message>
プロダクション・音楽出版社・音楽配信サービス
各代表からの2019年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!