アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 日本テレビ『生田家の朝』Pが語る“NHK朝ドラ”意識した朝帯枠の挑戦

日本テレビ『生田家の朝』Pが語る“NHK朝ドラ”意識した朝帯枠の挑戦

 開局65年を機に日本テレビが朝ドラを制作。企画プロデュースに福山雅治、脚本にバカリズムを迎えたこの大型プロジェクト『生田家の朝』がいよいよ放送開始となる。気になる本編や主題歌の内容、そして「なぜ朝ドラ?」という狙いを日本テレビの小田玲奈プロデューサーに聞いた。

“朝ドラ”放送前の時間に「こちらもいかがですか?」

 日本テレビの新たな挑戦となる朝ドラマ『生田家の朝』が、12月10日よりスタートする。放送は情報バラエティ『ZIP!』(月〜金・5:50〜8:00)内の毎朝7:50頃から。夫婦役にユースケ・サンタマリアと尾野真千子。そしてオーディションで選ばれた小1と中1の子役が4人家族の「生田家」を演じる、1話7分ほどのドラマが全13話放送される。

 言わずと知れたNHK朝ドラの直前という放送枠について、小田氏は「正直、狙いました(笑)」と語る。

「今の日本のドラマで一番視聴率を取っているのが、NHKさんの朝ドラ。つまりここは、朝にドラマ視聴習慣がある、モチベーションの高い視聴者が確実にいる時間帯なんです。そちらをご覧になる前に、こちらもいかがですか?ということです」

 そもそもの発端は開局65年を機に、日本テレビのバラエティチームから福山に「主題歌から生まれるドラマ制作」をオファー。さらに福山が「前から一緒にものづくりをしたかった」というバカリズムを誘った。そこに小田氏は、ドラマ制作プロデューサーとして声がかかった。その段階では、枠は固まっていなかったという。

「福山さん、バカリズムさんと制作陣が集まって話し合うなかで、『朝ってあまり特別なことが起きないよね』という話が出たんです。たしかに私も普段ドラマを作る際に、劇的なシーンは夜に持ってくることが多い。また福山さんも『自分が描く歌詞も夜の場面が多い』とおっしゃっていました。たとえば、“ラブソング”でも恋に悩んだり、相手のことを想ったりって、だいたい夜にすることじゃないですか」

 一方でバカリズムは、向田邦子賞を受賞したドラマ『架空OL日記』(日本テレビ系)に代表されるように、なんでもない日常のおかしみを描写する才人だ。

 かくして「どこにでもいるフツーの家族の朝の風景」を一貫して描くという、これまでになかったドラマが制作される運びとなった。
「ドラマチックな事件は一切起こりません。たとえば納豆のカラシを毎朝、子どもたちが残していて、いつの間にか180個たまっていたとか、どうでもいいことじゃないですか(笑)。わざわざドラマで描くほどでもない、だけど日本のどこかの家庭で繰り広げられているような会話や出来事。そんなお茶の間とテレビが合わせ鏡になったようなドラマです」

登場人物の成長や変化を視聴者と見守るドラマが理想

 12月2日にドラマ制作発表が行われ、福山雅治による主題歌もお披露目された。
「朝の日常に寄り添うような、すばらしい曲を書いていただきました。それでいて「納豆」「胃腸」とか生活感あふれる、オシャレじゃないワードが登場する歌詞で、福山さんの美声とのギャップにクスッとさせられました(笑)。だけどそんな何気ない日常こそが幸せなんだと気付かせてくれるステキな主題歌です。本当に恵まれたドラマだと思っています」

 なお全13話で完結はするが、日常に終わりがないように、このドラマも何かしらの大団円によって結末を迎えるわけではないという。

「ことさらに続編を匂わせるような終わり方をするわけではなく、ちゃんと完結はします。ただ内容的には、何話でも作れるドラマなんですよね。しかも、この4人家族のやり取りや佇まいが本当に自然で、個人的にも『この家族をいつまでも見ていたい』と思うくらい、想い入れができてしまいました」

 これまで小田氏は、来春の続編が決定した『家売るオンナ』シリーズをはじめ、主に1クールで完結するドラマを手がけてきた。

「だけどいつか、もっと長く続くドラマを手がけてみたいんです。視聴者にとっても役者にとっても、ようやくキャラがなじんできたタイミングで完結させなければならない1クールという話数が、いつも惜しいなと思っているので」

 ちなみに『家売るオンナ』の中国リメイクは、30話以上を予定しているという。世界的に見ても、1クールの約10話という連ドラのあり方はややガラパゴス的ではある。

「ただ、かつては日本にも長く続くドラマがありました。大きなことを言うようですが、『北の国から』のように、登場人物の成長や変化を視聴者と一緒に見守っていけるようなドラマが理想なんです。テイストは違いますが、『生田家の朝』にはそんな可能性を感じます。今回はタイトル通り、一家の“朝”が全話で描かれますが、昼でも夜でも物語はあるんです。今後の展開はまったく未定ですが、伸びしろは大きくあると思っています。このキャストと座組みならおもしろい広がり方をしていくのではないかと期待しているところです」
(文:児玉澄子)
『生田家の朝』
12月10日(月)〜『ZIP!』内7:50頃放送(月曜〜金曜:全13話)
企画プロデュース:福山雅治
脚本:バカリズム
出演:ユースケ・サンタマリア、尾野真千子、関谷瑠紀、鳥越壮真
【公式サイト】(外部サイト) (C)日本テレビ

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年12月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年12月17日号

<COVER STORY>
玉井健二氏(音楽プロデューサー/agehasprings 代表取締役CEO)
「理想は“球体”。さまざまな業種の人たちと
全方位でパートナーシップを組める会社に」

<SPECIAL ISSUE 1>
平成を彩ったアーティストや楽曲たち
オリコンランキングに見る“平成30年”

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート11月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!