アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『今日俺』非道ツッパリ役で爪あとを残したさわやか俳優・磯村勇斗

『今日俺』非道ツッパリ役で爪あとを残したさわやか俳優・磯村勇斗

 今期の話題をさらった『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のラスト2話の卑劣で非道すぎる悪党ぶりでインパクトを残した磯村勇斗。今期は『SUITS/スーツ』でも友人を裏切る悪友の好演が話題になっており、これまでの好青年イメージを脱却する活躍が目立った。

ファンへのいい裏切りとなり、圧倒的なインパクトを残した

 磯村といえば、2015年の『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)の仮面ライダーネクロム(アラン)役を演じたライダー俳優として知られるが、一般的に注目されたのは、NHK朝ドラ『ひよっこ』(2017年)での見習いコック・前田秀俊役だろう。東京オリンピック前後の昭和の時代を舞台に、茨城から東京に働きに出た谷田部みね子(有村架純)を温かい目で見守り、のちに夫になる心優しい青年を演じ、そのさわやかイケメンぶりとともに実直そうなイメージが視聴者の好感を得て、瞬く間にお茶の間の若手注目俳優となった。

 その後、映画『覆面系ノイズ』『恋は雨上がりのように』『ういらぶ。』などに出演。さらに、『森永製菓 チョコボール』テレビCM出演、『京浜急行バス 運転士募集』PRイメージキャラクターを務めるなど、順調に仕事の幅を広げながら、売れっ子若手俳優としてシーンの先頭集団に立っていた。

 そんななかで迎えた今期2作の放送。とくに『今日から俺は!!』では、細眉にアッシュに染めた銀髪リーゼントで学ランを羽織る、ツッパリ高校生役。しかも、悪名高き不良高校のナンバー2であり、コンプレックスとうっぷんを抱える卑劣な悪党・相良猛。主人公に対する高校生とは思えぬ非道な行為の数々は、視聴者に嫌悪感だけでなく憎悪の感情まで抱かせた。

 ところが、そんな役を、これまでのさわやかイケメンを封印して演じた磯村は、見事にキャラクターにハマっていたのだ。その雰囲気やオーラだけではなく、これまでとはまったく別人のような歪んだ根性を持つ人間の顔つきになり、相良猛そのものに成り切った。それはファンへのいい裏切りとなり、圧倒的なインパクトを残したのだ。

さわやか好青年イメージを脱却した磯村への次の期待

  • 写真集発売イベントでの磯村勇斗

    写真集発売イベントでの磯村勇斗

 磯村にとって、地を活かしたさわやか好青年的な役柄は、難しいことではない。そのイメージは視聴者にとってもわかりやすく、伝わりやすいため、好青年役が続くことでそれが定着していく。そんな流れのなかで、同作に出会ったことは、磯村の引きの強さであり、同役を選んだことは磯村の貪欲な挑戦心とモチベーションの高さの表れでもある。

 いいタイミングでいい作品、役柄、そして俳優を引き上げることでその名を轟かせる福田雄一監督に出会ったのは、磯村の運の良さなのかもしれない。しかし、この世界で大成していくうえで、運はなくてはならないものであることもまた事実。磯村の俳優としてのポテンシャルの高さを示しているといえるだろう。

 卑劣なツッパリ役の怪演でさわやか好青年イメージから脱却した磯村。来年3月には、再び『ひよっこ2』で有村架純の夫役で心優しい好青年を演じるが、そのギャップもまた魅力として映ることだろう。そしてその先には、これまでだれも演じたことがないような磯村なりの極悪キャラクターを体現してくれそうな期待感が高まる。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年1月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年1月21日号

<COVER STORY>
三浦文夫氏(関西大学 社会学部メディア専攻 教授)
「ラジオを中心とした
radikoプラットフォームの進化に向けて」

<SPECIAL ISSUE 1>
スタートアップとの連携が進む2019年
音楽業界が進むべき方向性
求めらる“テクノロジーA&R”視点からの未来図へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 12月度

<2019 Leader‘s Message>
プロダクション・音楽出版社・音楽配信サービス
各代表からの2019年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!