ドラマ&映画 カテゴリ

『今日俺』瀬奈じゅん筆頭、18年TVシーンを盛り上げた個性派端役女優たち

実力派、演技派多数 個性派端役がテレビをさらに盛り上げる

 もともと名脇役から主演クラスに上り詰めた女優は多い。直近でいえば木村多江もそうだし、吉田羊もそうだ。また、安定して脇役女優のポジションをキープするのは、小池栄子、木南晴夏、江口のりこ、片岡礼子、佐藤仁美、伊藤歩、筒井真理子、麻生祐未、吉行和子など枚挙にいとまがない。多角的に広く活躍する女性端役も多く、なかでもEテレ『時々迷々』でマスコットキャラとして、オープニングでユニークなダンスを踊る片桐はいりなどは、果たして一体、誰が代わりを務められるだろうか。

 18年は端役女優が注目され、何人ものマイナー女優がチャンスをものにした年のように思える。そして、男性バイプレイヤーだけでなく女性バイプレイヤーも広く脚光を浴びた方が当然、テレビドラマはおもしろくなる。ここに挙げた女優以外にも、まだまだ力と個性を有する女性バイプレイヤーは多い。19年は、そんな端役女優たちがさらに活躍し、テレビをさらに盛り上げてくれることを願う。
(文/衣輪晋一)
前へ
  • 1
  • 2

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索