• ホーム
  • 芸能
  • 山口紗弥加、6人の名バイプレイヤー女優“最後の主役” 自分を殺しながら爪痕を残せるすごさ

山口紗弥加、6人の名バイプレイヤー女優“最後の主役” 自分を殺しながら爪痕を残せるすごさ

 2017年1月クール、テレビ東京系で放送され大人気となったドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』を覚えている人は多いだろう。今年2月に亡くなった大杉漣さんをはじめ、遠藤憲一、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人が主演を務めるという、一風変わったドラマで、5人はその後も主演・助演問わず、映画・ドラマでその実力を遺憾なく発揮している。さて、バイプレイヤーは何も男優だけではない。女優陣のなかにも、彼らと同じように、なくてはならない人たちがいる。それが、木村多江、水野美紀、山口紗弥加、水川あさみ、木南晴夏、仲里依紗の6人だ。

観る人の心に爪痕を残せる、ドラマ界に欠かせない女優たち

 彼女たちが、いったいどのぐらい連続ドラマに出演しているのかを調べると、改めてその多さに驚く。2016年1月期から2018年7月期までの計10クールの間に、この6人が出演した連続ドラマの数(1話ゲスト等は除く)は平均7.3作品。全員が年に3クール以上出演していることになる。もっとも出演作が多いのが、木南晴夏の11作品。続く8作品に水野美紀と山口紗弥加。6作品が木村多江、水川あさみ、仲里依紗。ドラマ好きでなくとも、彼女たちが演じた役の1つや2つは、すぐに思い浮かべられるのではないか。それだけ観る人の心に爪痕を残せる、今のドラマ界にとって欠かせない女優たちなのだ。

 ライターの田幸和歌子氏は、彼女たちの魅力についてこう指摘する。
「仕事が確かなのは言うまでもありませんが、特に注目なのが、皆さん若い頃よりもきれいになっていることです。役の幅が広くて、花がある。そこが、とにかく魅力的ですね」
 年齢を重ねた美しさは、ドラマを観る、特に大人の女性にとっては注目したくなる、気になる存在なのだ。
「たとえば水野美紀と山口紗弥加は、体型が細くてサバサバ系の美人。今の女性に最も好かれるタイプだと思いますが、2人とも若い頃はアイドル女優のようなポジションにいて、それゆえに将来への不安を抱えていた時期もあったようです。そのように悩んだ経験が、今の仕事ぶりに生かされているのだと思いますね」
 一方「ドラマを観ていると、主役よりも彼女たちの演技が気になってしまう」と、根っからの“バイプレイヤーズ好き”を隠さないのが、ライターの吉田潮氏だ。
「今のドラマは、たとえばコメディの要素がほしいとき、芸人をキャスティングしたりしますよね。でもそういう役でも、できれば俳優を使ってほしい。例えばこの6人で言えば、木南晴夏は“コメディ筋肉”が一番発達しているので、芸人の力を借りる必要はないのではないかと思ってしまうんですよね」

自分を殺しながらきちんと爪痕を残せる稀有な女優

 どんな役でもこなし、主役以上にキラキラ輝く旬の彼女たちだが、実はこのなかで山口紗弥加だけは、これまでの長いキャリアのなかで、一度も主役を演じることがなかった。それがこの10月。ついにドラマ初主演を果たす。読売テレビ・日本テレビ系新ドラマ『ブラックスキャンダル』(木曜23:59分)だ。嘘の不倫スキャンダルのために、芸能界から抹殺された人気女優が、5年後、顔を整形し別人となって、かつての所属事務所に敏腕マネージャーとして復帰。スキャンダルをねつ造した者たちへの復讐を果たしていくという物語。山口は今回の主役抜擢について、公式サイトでこんなふうに語っている。
「38歳で、初主演。私に期待してくれる人がまだ居てくれるんだ!って、腹の底からむくむくと力が湧いてきました」

 今回の主役抜擢について田幸氏は、特に若い世代から注目されるのでは?と期待する。
「『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』で、遺産のために毒殺を繰り返す狂気の妻を演じ、若い女性たちが「この人、うまい!」と話題に。さらにそれが、「この人の顔が好き」など、憧れの存在になっていったという現象がありました。今回のドラマもまさに、山口の恐ろしさと美しさを楽しめる作品。『モンテ〜』で彼女を好きになった女の子たちにとっては、特に注目ではないか」

 吉田氏は、山口の新しい面が観られるのでは、と期待を寄せる。
「私にとって山口は、毎クール、必ずどこかのドラマに出ている女優、というイメージ。色気、美貌、知性、狂気、なんでもできる。しかも彼女は役を選ばない。ぎりぎりキャストに名を連ねる程度の小さな役でも、自分を殺しながら、きちんと爪痕を残せるのはすごいと思います。そんな山口の初主演に期待することは、バイプレイヤーとして鍛えてきた筋肉とは違う、別の筋肉を使った演技を観せてほしいということ。復讐もののドラマはお手の物だと思いますが、狂気を前面に出せばよかった脇役とは違い、主役は恨みつらみから生まれる、悲しみも見せなければいけない。“私が私が”といったアピールをしてこなかった彼女ですが、主役となると、きっと今までとは違う自負が出てくると思います。それが楽しみです」
 初回オンエアは10月4日(木)。楽しみに待とう。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月17日号

<COVER STORY>
美藤宏一郎氏(エムアップ 代表取締役)
私たちは目標を持つ会社。
達成すべき目標を粛々と実現していくことが使命

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート8月度
「音楽」ジャンルが急伸長 映像作品市場を検証

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!