• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • ジャイアン声優・木村昴、コーラへの“偏愛”語る「僕にとってタイムカプセルであり、タイムマシン」

ジャイアン声優・木村昴、コーラへの“偏愛”語る「僕にとってタイムカプセルであり、タイムマシン」

コカ・コーラの貴重な資料を後世に残すのがコレクターとしての使命

 昨年からは、缶、瓶だけでなく、オモチャやノベルティなど、コカ・コーラ社が出しているグッズの収集にも心酔。きっかけは、コカ・コーラ発祥の地であるアメリカ・アトランタのミュージアムを訪れたことだった。

木村コカ・コーラの歴史に惚れこんでいる僕にとって、そのすべてが見られるアトランタのミュージアムでコーラを飲むというのが目標だったんですけど、昨年、アニメコンペティションに呼んでいただいて、アトランタに行くことができたんです! イヤー、たまげました! 仕事の合間に1日だけお休みをいただいて、そこへ行ったんです。歴史に触れられるだけでも幸せだったけど、併設されているグッズショップがデパートみたいにすごくて、こんなもんまであるんだって、度肝抜かれるとともに、コレクター魂に火がついちゃって(笑)。ミュージアムで、例えばコーラが初めて発売されたときに販売促進用に作られたグッズなどにも、瓶や缶と同じように、一つひとつに歴史とドラマがあることを知って、「熱いな」って思って。レアなグッズを集めるようになったんです。ただ、アトランタでは僕、実は、何も買って帰ってこなかったんです。あれだけ楽しみにしていたのに(笑)。

 それには理由があって、ボトルひとつとっても、アトランタ限定のものが40種類もあるんです。全部持って帰るのは無理だから、10本くらいにしておくかって考えたんですけど、40本中30本は持ってないって思うとかえって悔しいじゃないですか。だったら、全部買うか、1本も買わないかのどっちかだろうと。憧れの場所に行けた興奮で胸がいっぱいになったこともあるけど、不思議な境地に陥りまして『建物の中のグッズ全部買います!』っていうくらいもっと有名に、もっとリッチになって、また戻ってきますわ!って(笑)。
 そんなコレクター・木村昴の最終目標を聞いてみると、「世界中のコカ・コーラは俺んちにある! ですね。夢はでっかいほうがいいですからね」と、ジャイアンのように壮大な夢を語り豪快に笑う一方で、コレクター歴17年で培った真摯な心境も語ってくれた。

木村自宅には、先人から受け継いだコレクションもたくさんありますし、コレクターとしては、資料としてコレクションを次世代に残す使命があると思っています。だから僕が死んだ後も、引き継いでもらえるようにしたいなって、そんな境地にも達してまいりました。同時に、人に見てもらうのはやっぱりコレクターの喜びのひとつなので、僕が60歳くらいになったら、日本のどこかにコカ・コーラミュージアムを作れたらなと思っています。
 もう1つ、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』をはじめ、ラップやヒップホップでミュージックシーンにおいても活躍中の木村が掲げている大きな夢が「コカ・コーラのCMソングを歌うこと!」

木村僕はコカ・コーラのどこが好きかとか、コレクションについて聞かれたら何時間でも話せるし、コーラ好きとして、これからももっと高いところに行きたい。そして、『コーラと言えば木村昴』って言われるくらいになりたい。そんな僕の存在が、ジワジワと、コカ・コーラボトラーズジャパンの人の耳に届いて、いつの日か、『あいつマジでコカ・コーラ好きらしいから歌ってもらうか』って言ってもらえるようになったらと。それも目標にしています。
 インタビューの最後、読者に向けて一言を聞くと、この場を借りて言いたいことがあるそうで…。

木村僕がコーラ好きなことを知ってくれて、海外のお土産にコーラをくださる方がいるので、この場をお借りして、普段応援してくださるみなさんに、『コーラのプレゼントありがとう!』って言わせてください! なお、今後も引き続き募集中です(笑)。日本のコーラはほぼコンプリートしていますので、海外でコカ・コーラを見かけた方は、ぜひ、事務所のほうまで送っていただけたら、すぐコレクションに入れさせていただきますので、よろしくお願いします!

文/河上いつ子
前へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索