アニメ&ゲーム カテゴリ

『鬼滅の刃』竈門禰豆子役・鬼頭明里、コロナ禍だからこそ「ファンとつながっていたい」

 「業界一のアニメオタク」として名高い声優の鬼頭明里。以前から「声優にならなければ、イラストレイターになっていた」と語っていた彼女は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて自身のイベントが中止になった際、恨み節ではなく、SNSで自身の手書きイラストを5枚投稿。合計で約10万“いいね”がついた。『鬼滅の刃』原作が完結し「鬼滅」熱が収まらぬ一方で、声の活動の再開にはハードルが立ちはだかる。鬼頭の自粛中の過ごし方や今後の展望、さらに自身の新アルバムについてもじっくり話を聞いた。
 『虚構推理』岩永琴子役、『グランクレスト戦記』シルーカ・メレテス役、『鬼滅の刃』竈門禰豆子役を務めている声優の鬼頭明里。2014年にデビューし、『タイムボカン 逆襲の三悪人』でヒロイン・カレン役を務めたのをきっかけに多くの役柄を射止め、現在では『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS』近江彼方役、『鬼滅の刃』竈門禰豆子役など多くの話題作に出演している。「ニュータイプアニメアワード2018-2019」声優賞(女性)では1位を獲得。今最も注目される声優の一人だ。

 アーティストとしてのデビューは2019年で10月にシングル『Swinging Heart』を発売。翌年の2020年、2ndシングル『Desire Again』をリリースし、この度、6月10日に1stアルバム『STYLE』を発売するに至った。だが過去にインタビューでは「アーティスト活動は考えてない」と発言。この真意はどこにあったのか。

 「自分には務まらないと考えていたんです」と話す鬼頭。「アニメキャラクターの声とイメージで歌うキャラクターソングは担当してきて、それは割と得意だと思っていたのですが、カラオケへ行っても、私、歌っている方の歌い方に寄せて歌っちゃうタイプなんです(笑)。アーティストさんといえば、自分だけの歌い方を持っているというイメージ。そういった意味で、“私には出来ないのではないか”と考えたんです」(鬼頭明里/以下同)
 だがアーティストデビューが決まり、ついに1stシングルも発売されることになる。

 「私にとって本当にサプライズでしたね(笑)。私は声優ということもあり、演じるキャラクターの人生観まで考え、普段彼ら彼女らがどのように過ごしているのか、自分だったらどのように感じるか、当てはめていく仕事をしていました。この影響もあったのでしょう。楽曲によって声と歌い方を無意識に変えてしまう癖があったみたいです(笑)。おそらくその歌のイメージを自身で掘って出した答えがその結果となったのでしょう。」

 アーティストデビューによって、図らずも“自分自身”と向き合うきっかけが作れたと彼女は語る。「これまでの私は、役を“演じていた”が故に、“自分”とはなんだろう、“自分の表現したいこと”はなんだろうと、あまり考えてこなかったように思います。キャラソンの場合は、完全にキャラクターの気持ち、声で歌うんですが、アーティストとなると“自分が表現したいもの”をお客様に届けなければいけない。――そう言えば私は昔から、人の気持ちを考えてばかりで、自分を出すのがあまり得意ではありませんでした」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索