アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 賀来賢人を覚醒させた“アゲメン”福田雄一監督 『今日俺』で開放された演技派の魅力

賀来賢人を覚醒させた“アゲメン”福田雄一監督 『今日俺』で開放された演技派の魅力

福田雄一監督の“アゲメン”力 賀来の実力あってこその開眼

 ここで注目したいのが、同作の演出・脚本を務める福田雄一監督だ。福田監督といえば、『33分探偵』(フジテレビ系)では、佐藤二朗の“挙動不審キャラ”をそのまま活かした演出をし、『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)ではそれまで知る人ぞ知る俳優であったムロツヨシを輩出。『アオイホノオ』(テレビ東京系)では“カンヌの呪縛”から低迷気味だった柳楽優弥の新たな魅力を引き出し、映画『HK 変態仮面』では、肉体から改造して芝居に挑む鈴木亮平の魅力を世間に知らしめた。

 その後、ムロは『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)のシリアス役、鈴木も『花子とアン』『西郷どん』など役の幅、活躍の場を広げるとともに、そまざまな役柄のギャップも注目を集めており、一躍“時の人”となっている。福田監督はいわゆる、俳優の魅力を開眼させるアゲメン監督で、賀来の“覚醒”も福田監督との出会いによるところが大きい。ただ、いくら福田監督も、地力のない者の魅力を引き出すことは難しい。賀来に確固たる実力があったからこその、今作での覚醒だったのだろう。

『今日から俺は!!』の突き抜けた芝居で、改めて「幅広い役柄ができる俳優」の評価が再浮上、世間に拡大した賀来賢人。こうした実力のある若手俳優が一躍、第一線に躍り出る歴史の瞬間を見るのも、TVドラマの楽しみのひとつだ。
(文/衣輪晋一)

【動画】賀来賢人のアドリブダンスに笑ってしまった伊藤健太郎

前へ
  • 1
  • 2

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年6月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年6月17日号

<COVER STORY>
青木純一郎氏(芸映 代表取締役社長)
「芸映として、スーパースターをもう一度
 発掘し、育て、世に問うていく」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート5月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!