• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • グルメ
  • 『ファミチキ』VS『クリスピーチキン』灼熱の炎夏に激辛バトル、“ハバネロの刺激がクセになる”2つのチキン対決のゆくえ

『ファミチキ』VS『クリスピーチキン』灼熱の炎夏に激辛バトル、“ハバネロの刺激がクセになる”2つのチキン対決のゆくえ

 記録的な猛暑が早くもスタートしている中、大手コンビニチェーン「ファミリーマート」を舞台に、日本列島をさらなるホットな刺激が襲う。累計17億食を突破した『ファミチキ』にハバネロホット味が登場した。すでに定番となった『クリスピーチキン』のハバネロホット味と果たして何がどう違っているのか? 辛さだけでなく旨さもなければ物足りないとされる激辛&旨辛ブームが続くホットな市場。今回の激辛チキン対決の行方はいかに?

“ファミチキ超えの問題児”が王者奪還なるか? 伝説と王道が『ハバネロホット』で熱いバトル

 コロナ禍での自粛ムードのストレス解消ニーズもあり、激辛ブームが続く昨今、ファミリーマートの『ファミチキ』にも新商品『ハバネロホット』が投入されることになった。ファミチキは、累計19億6000万食を突破(2022年6月末時点)。2006年の販売開始以来、同社の看板ホットスナックとしてすっかり定着している。

 この『ハバネロホット』は、実は『クリスピーチキン』の人気フレーバーと同じ名称だ。『クリスピーチキン』は、ファミチキ超えの“問題児”とまで呼ばれているツワモノ商品で、実際にファミチキの1.5倍ほどのスピードで累計販売数1億食を突破(2022年6月末時点)したばかり。なかでも、昨年数量限定で販売されるやあっという間に完売してしまったという伝説的な実績を誇るのが、『クリスピーチキン』のハバネロホットなのだ。

 新登場の王道ファミチキ版ハバネロホットは、どんな戦いを展開するのか。全国のファミリーマートを舞台に、7月5日から17日まで「激ウマ! ハバネロホットチキン対決」が繰り広げられることになる。

『クリスピーチキン(ハバネロホット)』

『クリスピーチキン(ハバネロホット)』

『ファミチキ(ハバネロホット)』

『ファミチキ(ハバネロホット)』

辛さ&旨さの相乗効果、刺激がクセになる

 カリッとした衣の食感も楽しい『クリスピーチキン(ハバネロホット)』は、はじめに辛さの刺激が舌を直撃。食べ進めるうちにだんだんと鶏むね肉の旨みが口のなかに広がっていき、結果としていつのまにか完食してしまう辛さ&旨さに仕上がっている。カリッとした食感は、いったん衣をつけフライ調理した後に、さらに専用マシンで衣をプラスしているというこだわりから生まれたもの。

「『ファミチキ』の売上個数は、ファミリーマートの全商品のなかで不動のトップです。それを『クリスピーチキン』は、瞬間的にその売上を超えてしまったほどの人気商品であり、自信作。ポイントは、衣と肉の食感のバランスはもちろん、辛いだけではなく後を引く旨みを感じられること。機械ではなく手作業でカットしている手頃なサイズ感もご好評いただいております」(ファミリーマート商品担当)

 対する『ファミチキ(ハバネロホット)』は、通常の『ファミチキ』と同じく、柔らかな鶏もも肉の中でも1羽からファミチキ2個分しか取れない“サイ”と呼ばれるもっともジューシーな部位を使用しているという。サクサクした食感の衣には『クリスピーチキン』と同じくハバネロ配合のホットシーズニングを採用しているというが、やはり『クリスピーチキン』とは異なる刺激的な辛さ&旨さのバランスを構築している。『ファミチキ』ならではの食べ応えある商品だ。

「『ファミチキ』は、当初から変わらないスパイス・ハーブを使用しています。一度も冷凍されていないチルド状態の肉を使っていることもこだわりです。今回は、そこにハバネロ由来の刺激的な辛さを加えることで、『ファミチキ』ならではのもも肉のジューシーな旨みと味わいをより引き出すことができました。辛さと旨み、スパイシーな味わいを両立した、食べ応えのある商品です」(ファミリーマート商品担当)

 さらには、パン類コーナーなどに置いてある『ファミチキバンズ』に丸ごとはさむことで、『ファミチキ』ハバネロホットの印象は激変する。バンズの甘みとタルタルソースのシャキシャキ感で、より重層的かつ複雑な旨みと、じわじわくる辛さをたっぷり味わうことができるのだ。辛いものがあまり得意ではないという方でも、試す価値はありそうだ。

ファミマ全店舗が「ハバネロホット化」、勝負の行方は?

『ファミチキ』の新フレーバー『ファミチキ(ハバネロホット)』は、7月5日より全国のファミリーマートにて、1個198円(税込)で販売スタート。対する『クリスピーチキン(ハバネロホット)』は、1個160円(税込)。レジ近辺のホットスナックコーナーでは、この両雄を並べて際立たせる特別レイアウト展開が行われ、全フライヤー商品対象の20円引きレシートクーポン企画も併せて実施される(17日まで)。ちなみに『ファミチキ(ハバネロホット)』は、800万食限定。

 すっかり定番となった根強い人気の『クリスピーチキン(ハバネロホット)』か、『ファミチキ』の新フレーバー『ファミチキ(ハバネロホット)』か。今回の「激ウマ! ハバネロホットチキン対決」の勝負の行方は、あなたのチョイスにかかっている。まずは食べ比べからお試しあれ。
■「激ウマ! ハバネロホットチキン対決」
【商品名】『ファミチキ(ハバネロホット)』/198円(税込)
【商品名】『クリスピーチキン(ハバネロホット)』/160円(税込)

◆ファミリーマートオフィシャルサイト商品情報はこちら
Sponsered by ファミリーマート

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索