• ホーム
  • 映画
  • 安藤サクラ、“二世”は「コンプレックスだった」

安藤サクラ、“二世”は「コンプレックスだった」

 女優の安藤サクラが映画『0.5ミリ』『百円の恋』で、キネマ旬報が主催する映画賞『2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン』の主演女優賞を受賞。7日、都内で行われた表彰式に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 今回、姉・安藤桃子が監督を務め、父・奥田瑛二が製作総指揮、フードスタイリストを母・安藤和津が務めたことで話題となった『0.5ミリ』での受賞。父と姉の監督としての違いについて「姉は生き物として近い。生まれた時代も同じで、同じものを食べて育ってきたので感覚が同じ、なにも言わずに世界がつくれる」と明かし「父は性別も違いますし(映画製作の上で)『こういう女性にしたい』というのがある」と振り返った。

 さらに作品を通して「ずっと二世というのをコンプレックスだと思っていた。でもがっつりスタッフもキャストも家族だらけの現場で“家族”を超えられた」としみじみ。「そういう意味で言えば、『百円の恋』の武(正晴)組もそうですし、いつも、映画をつくるチームは家族だと思っていて。どの現場も愛情は変わらないんだな」と噛み締めていた。

主な受賞作品・受賞者は以下のとおり

■日本映画作品賞:『そこのみにて光輝く』(呉美穂監督)
■外国映画作品賞:『ジャージー・ボーイズ』(クリント・イーストウッド監督)
■文化映画作品賞:『鳥の道を超えて』(今井友樹監督)
■日本映画監督賞/読者選出日本映画作品賞:呉美穂(『そこのみにて光輝く』により)
■外国映画監督賞/読者選出外国映画作品賞:クリント・イーストウッド(『ジャージー・ボーイズ』により)
■日本映画脚本賞:高田亮(『そこのみにて光輝く』により)

■主演女優賞:安藤サクラ(『0.5ミリ』『百円の恋』により)
■主演男優賞:綾野剛(『そこのみにて光輝く』『白雪姫殺人事件』により)
■助演女優賞:小林聡美(『紙の月』により)
■助演男優賞:池松壮亮(『ぼくたちの家族』『海を感じる時』『紙の月』により)
■新人女優賞:門脇麦(『愛の渦』『ヤミ金ウシジマくん Part2』、『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』により)
■新人男優賞:東出昌大(『寄生獣』『クローズEXPRODE』『アオハライド』により)
■キネマ旬報読者賞:細野晴臣(キネマ旬報連載『映画を聴きましょう』により)



関連写真

  • キネマ旬報が主催する映画賞で主演女優賞を受賞した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン』(左から)東出昌大、小林聡美、綾野剛、安藤サクラ、池松壮亮、門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 助演女優賞を受賞した小林聡美 (C)ORICON NewS inc.
  • 助演男優賞を受賞した池松壮亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 新人女優賞を受賞した門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 新人男優賞を受賞した東出昌大 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演男優賞を受賞した綾野剛 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス