• ホーム
  • 映画
  • ブラッド・ピットが会見で見せた男同士の強すぎる絆?

ブラッド・ピットが会見で見せた男同士の強すぎる絆?

 約1年ぶりの来日で東京・有楽町に現れ、週末の街を騒然とさせたブラッド・ピットに密着。製作総指揮&主演を務めた最新作『フューリー』イベントでは、若手俳優ローガン・ラーマンとの男同士の熱い絆(愛!?)を感じさせる場面も目撃した。

 ブラッド・ピットが1年3ヶ月ぶり、10度目の来日をし、11月15日に記者会見、レッドカーペットイベント、ジャパンプレミア舞台挨拶に登場した。

 『フューリー』は、1945年の第二次世界大戦下のヨーロッパ戦線を舞台に、たった1台の戦車でドイツ大軍を相手に戦い抜いた5人の兵士たちを描く戦争アクション大作。ピットは脚本に惚れ込んで主演と製作総指揮を手がけた。

 この日は、昼から六本木のホテルで開催された記者会見にまずは出席。共演した若手俳優ローガン・ラーマンとともに会場に現れたピットは終始ご機嫌の様子で、「日本が大好きなんです。来るたびに驚きがあって、写真を撮っては子どもに送っています。今回も子どもたちから日本のおもちゃを買ってきてって頼まれているんだ」。

 マスコミからの質問にはジョークも交えて笑顔をみせながら、ラーマンのトークが長いと「通訳が大変だよ」とツッコむ一面も。しかし、作品についての想いを語るときはするどく光る真摯な眼差しを会場に向ける。

 アドリブだったという劇中の印象的なセリフ「理想は平和だが、現実は残酷だ」について聞かれると、そこに込めた熱い想いを明かした。

「リサーチで退役軍人の方にインタビューしたときに聞いた言葉です。映画で主張していることは、“ルールは野戦では通用しない”ということ。ラーマン演じる新人兵士は強い正義感を持っていますが、殺すか殺されるかの戦場では通用しない。冷血にならなければならない。私たちが大事にしているもの、理想としているものは、戦場では一瞬忘れなければ生き延びられない。世界がこうなるべきという理想や平和を誰もが考えるけれど、人類がここまで進化しているにも関わらず、世界中で争いは絶えていない。理不尽なことが起きている戦争の愚かさや矛盾を表した言葉です」

 会見最後のフォトセッションでは、ピットがラーマンを抱き寄せてキスする場面も見られ、タフな撮影を乗り越えて大作を完成させたふたりのなみなみならぬ男同士の強い絆(愛!?)を感じさせた。



オリコントピックス