ドラマ&映画 カテゴリ

光石研が語る、自分とは似ていない“渋井直人” 遊べる現場が作り出した好調ドラマ

「ちょっぴり“痛い”けど、愛らしい」おじさんのおかしくも切ない日常と恋愛模様を描いたドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』が好評。その声がジワジワと広がっている。俳優生活40年にして本作が連ドラ単独初主演という光石研に、本作の味わい深いおもしろさや役柄への思いについて聞いた。

「あるある」ばかりではないディテールにこだわった世界観

 オシャレで物知りだが、ときには調子にのってしまったり、肝心なところで失敗したり、女性にフラれたりしてしまう、愛おしいおじさんデザイナーを演じている光石研。原作は、渋谷直角氏の同名漫画で、光石はその帯コメントも担当していた。

「渋谷直角さんの知り合いから、『このキャラは光石さんだよ』と僕の名前を出していただいたそうで、帯のオファーをいただいたんです。ドラマでは、ダッフルコートと赤いマフラー、クラークスのワラビーブーツでキメてパーティに行ったら、集まった男性がみんな同じ格好というシーンがあるんですけど、僕は実際にああいうダッフルコートを着ているので、もう大笑いしてしまって。ただ、もうダッフルは着られなくなりました(笑)。だって、普段から着ていたら、絶対イジられるでしょ」

 光石自身、仕事でかかわる洋服屋や美容師、編集者や映画、ドラマなど映像関係の人たちからは、「あるある」をおもしろがってもらっていると話す。ただし、本作の魅力は「あるある」ばかりではない。

「台本は、原作の世界観に忠実に書かれていて、スタッフが洋服やヘアスタイル、ロケ地などのディテールにこだわりまくっています。みんなが渋井直人をおもしろがって作っている空気がすごく現場にあります。だから、僕はとくに役作りすることもなく、現場に行って台本通りに演じるだけで、おもしろくなるんです」
 光石演じる渋井直人は、スタイリッシュなのに、ちょっと褒められると舞い上がってしまうような「痛い」タイプ。視聴者はそんなところを観ながら、ハラハラしたり、クスクスしたり、可愛いと感じたりする。

「よく“渋井直人=光石研”かと聞かれますが、ある部分ではそうかもしれませんが、基本的には違います。僕だったら褒められても絶対に喜ばない(笑)。たくさん失敗してきたから、自分のことを褒めてくる人には『何か裏があるぞ』と考えて、まず疑ってかかる。なるべく浮つかないようにしています(笑)。でも、そこでうっかり乗ってしまうところが、渋井の可愛いところ。僕自身、演じていておもしろいところでもあります。現場にもそんな渋井をイジる空気があるんですよ。初回のワンカット目からスタッフが現場で何度も噴き出していましたから(笑)。みんなその世界を楽しんでいて、笑いが次々に生まれる空気を作ってくれているのを感じます」

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月14日号

<COVER STORY>
ヴィヴィアン・ルイット氏
(YouTube アーティストリレーションズ グローバル責任者)
ストリーミング時代、音楽は世界各地の視聴環境で
常に開放されていることが必要不可欠

<SPECIAL ISSUE>
スタジアム・アリーナ計画のキートリガーと危機管理の今
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.28

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索