• ホーム
  • 芸能
  • 爽快アクションドラマ『奥様は、取扱い注意』プロデューサー、テーマは“欲望の解放”

爽快アクションドラマ『奥様は、取扱い注意』プロデューサー、テーマは“欲望の解放”

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』などの脚本家・金城一紀氏が、綾瀬はるかの主演で初の女性主人公ドラマに挑む『奥様は、取り扱い注意』。日テレ看板ドラマ枠の1つ“水10”での枝見洋子プロデューサーの挑戦とは?

普遍的なテーマを描く爽快アクションドラマ

 綾瀬はるか演じる主婦・伊佐山菜美は、天涯孤独で愛情を知らず、タフに生きてきた女性。スリルあふれる生活に自ら首を突っ込むような性格だったが、運命の人・勇輝(西島秀俊)に出逢ったことで穏やかな生活を手に入れた。しかし、幸せに見える主婦たちが抱えるさまざまなトラブルに気付いてしまい、ルール無視の問題解決に挑んでいく。そんな同作の金城氏のテーマは“抑圧からの欲望の解放”という。

「主婦は常に家庭に閉じ込められた感覚になっており、社会から隔離されて存在意義=自信を失っているのではないか。いつの時代も不満や満たされない思いを抱えている。そんな人々の心を解放したいという想いから、ヒロインが主婦に設定されました。ハードボイルドが得意な金城さんの作品らしく、扱う問題もDVやストーカーなどハードですが、本格的なアクションもあり、爽快感を味わえます。内容としては、人間の根本的な部分が描かれています。時代や状況が変化しても変わらない、どの世代の人にも観やすいテーマを扱う普遍的なドラマになっています」(枝見洋子プロデューサー/以下同)

普遍的なテーマに視聴者の関心が向いてきている

 同作を制作するうちに「これこそがエンタテインメントだ!」と感じたという枝見氏。実は映画畑出身で、過去に携わった作品は『桐島、部活やめるってよ』(12年)『アズミ・ハルコは行方不明』(16年)など、そのエッジの利かせ方や芸術性が、業界内外から高評価を得ている。そんな枝見氏は「水曜ドラマというテレビの枠をやるに当たって、良い意味で私のなかの“文化性”は消したいと思った」と話す。

「水曜ドラマは、観る人が何を求めているのかがハッキリした枠。週の真ん中に放送され、あの時間にドラマを観るという習慣が、ほんの一時、現実から目を逸らすことに繋がる、女性が次の日も明るく生きていくために必要なもの。そんなハッキリとしたイメージの枠で、期待されているものに応えたい、今までに見たことがないものをやってみたい、という想いのバランスを取っていくことにやり甲斐を感じています」

 枝見氏が“エンタメ”を意識して制作する同作には、社会問題を取り上げながら、勧善懲悪という物語のわかりやすさもある。振り返れば昨今、高視聴率を取る人気シリーズには、『ドクターX』(テレビ朝日系)のように視聴者の溜飲を下げてスッキリさせる勧善懲悪ドラマや、『コード・ブルー』(フジテレビ系)のような登場人物の成長物語の人間ドラマなど、わかりやすいエンタメ作品が多い。果たして、テレビに求められるものが、多様性から普遍性に立ち返っているのだろうか。

「テレビは多様化に向かい、手の届きそうな親近感のある人や、素人さんが出演する流れもありました。ですが、スポーツもそうですが、自分たちには到底できないことをしている人を観るのはおもしろい。それは、私が子どもの頃に観ていたテレビだった気がします。昨今、確かにそこに回帰したような流れも見えますが、これは同じ流れを繰り返すというより、螺旋階段のように進化していっているのではないでしょうか。また、視聴者の好みが多様化したと言われていますが、いろいろな価値観が出てきたところで、改めて普遍的なものにも関心が向いてきているという気もします」

テレビという環境のなかで新しいものを作り出す意義

  • 日テレ アックスオン 枝見洋子プロデューサー

    日テレ アックスオン 枝見洋子プロデューサー

 そんな枝見氏が今気になっているドラマ枠はTBSの火曜10時という。

「クリエイターを含め、いろいろなスターと最先端の知識が集まっている感じがします。新しいことをやろうとする気概が感じられて、ここ最近、枠の色づきがノッてきている。ただ、日テレの水曜ドラマも、恒常的にノッている枠。これを続けていくのは難しい挑戦でもあるので、自分がやるのは怖さもありますけど(笑)」と心境を明かしてくれた。

「テレビはある意味、とても不自由な環境にあります。枠が決まっていて、ずっと変わらない作り方をしている。ですが、今は低予算でも作れる技術が揃っている。そこで新しいものを作り出す意義を感じますし、この多様化した世の中で、皆のブーム=共通言語になるようなものを制作していきたいと考えています」
(文:衣輪晋一)

水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』

日テレ系 毎週水曜22:00〜
出演:綾瀬はるか、広末涼子、本田翼/西島秀俊ほか
【公式サイト】(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!