• ホーム
  • 音楽
  • “泣ける”と話題 抜群の相性でドラマヒットを後押しするMISIAの「ぎぼむす」主題歌

“泣ける”と話題 抜群の相性でドラマヒットを後押しするMISIAの「ぎぼむす」主題歌

  • MISIAのシングル「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」

    MISIAのシングル「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」

 女優の綾瀬はるかが主演を務めるTBS系連続ドラマ『義母と娘のブルース』が、ドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の18年7月期ドラマの8月7日〜13日放送分の調査で、今クール最高のとなる94Pt(第5話)を記録した。また、21日放送の第7話では、平均視聴率が15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、今期民放連続ドラマでは初めての15%超えとなった。そうしたなか、主題歌を担当したMISIAの先行配信シングル「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」が、8/27付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで2週連続の1位を獲得。ドラマが盛り上がりを見せる一方でTwitterなどでも、「毎回ドラマを泣きながら観てるけど、主題歌も泣いてしまう」、「聴いただけで何回も泣ける」と主題歌にも注目が集まっている。

話数を重ねるごとに、満足度が右肩上がりで推移

 MISIAのデビュー20周年第1弾シングル「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」(7月31日配信開始)が、週間2.8万DLを売り上げ、8/27付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング(集計期間:8月13日〜8月19日)で2週連続の首位を獲得した。本作は、8/13付で週間1.8万DLを売り上げ3位に初登場。翌週8/20付では、前週比約1.5倍となる週間売上2.9万DLを売り上げ、首位にランクイン。今週も2万DL台をキープした。

 同作は、綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の主題歌として、GReeeeNとの初コラボレーションで誕生。作詞作曲をGReeeeNが担当し、コーラスにメンバーのHIDEが参加。アレンジは亀田誠治氏が手がけた。本作でMISIAは、2009年放送の同局大ヒットドラマ『JIN -仁-』の主題歌「逢いたくていま」(累積売上4.7万枚)以来9年ぶりに、主演の綾瀬とタッグを組んだ。

 ドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の18年7月期ドラマの8月7日〜13日放送分の調査で『義母と娘のブルース』は、今クール最高となる94Pt(第5話)を記録した。初回の満足度は 67Ptだったが、69Pt(第2話)→84Pt(第3話)→ 90Pt(第4話)と話数を重ねるごとに、右肩上がりで推移。

家族の絆を深めるストーリーに寄り添った主題歌

 キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、ある日突然、8歳の娘を持つサラリーマン・宮本良一(竹野内豊)と結婚、畑違いの家事や育児に奔走し、不器用ながらも絆を深めていく義母と娘の姿が描かれている。第4話では、亜希子と良一の結婚の理由が明かされ、「結婚の理由が衝撃的だった」(40代男性/大阪府)、「お互いがお互いのことを知って尊重してる様が、どんな夫婦よりも夫婦らしくて涙が出た」(30代女性/愛知県)とその理由に感動し涙したと大きな反響を呼んだ。

 ドラマ主題歌を歌うMISIAは本作について、「脚本を読んで、とても心が揺さぶられました。こんな素晴らしいドラマが今の時代に必要だと思います。アイノカタチは人それぞれだけど、愛することは素晴らしい。たくさんの“アイノカタチ”に寄り添い、大切な人に「あのね大好きだよ」と伝えるお手伝いができるよう、心を込め歌いました」と特設サイトでコメントを寄せている。

 前述の調査で視聴者は「回を重ねるごとに家族の絆を深めるストーリーと主題歌がマッチしている」(20代女性/福岡県)、「MISIAの歌がとても良い」(40代女性/神奈川県)とコメントをしており、ドラマとの相性の良さが窺える。本作の状況から見ても、主題歌がドラマを感動的で印象深いものにし、ドラマヒットを後押ししていることがわかる。ドラマも中盤に差し掛かり最終回に向け、今後も相乗効果でDL数を伸ばしそうだ。また、8月22日よりCDシングルが発売となり、初週でどこまで売上を伸ばせるかにも期待がかかる。

[18年8月27日号 コンフィデンスより]

MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」売上推移

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月24日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月24日号

<COVER STORY>
ジヒ・ナム氏(Instagram アジア太平洋地域パートナーシップス部門統括)
自分らしい自由な表現で
Instagram上のファンとの深いエンゲージメントを築く

<SPECIAL ISSUE>
バーチャル音楽番組を編集部が企画
“演歌・歌謡”を定義から再考 未来への提言

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!