• ホーム
  • 芸能
  • 『シン・ゴジラ』で見られた テレビ放送のライブエンタメ化

『シン・ゴジラ』で見られた テレビ放送のライブエンタメ化

 先週末日曜夜(11/12)にテレビ地上波初放送された映画『シン・ゴジラ』が、番組平均15.2%の高視聴率を記録したことともに、放送中にツイッターなどSNSが大いに盛り上がっていたことが話題になった。

『シン・ゴジラ』といえば、興行収入82.5億円で昨年の邦画実写1位。今年3月発売のパッケージもDVD、BD累計売上29万枚超えの大ヒットになっていた。そんな同作のテレビ放送が始まると、ツイッターでは「シンゴジ地上波実況」「無人在来線爆弾」「ヤシオリ作戦」などが次々にトレンド入り。

 視聴者が映画を観ながらシーンごとの感想やうんちくを語り合うほか、キャラクター応援などもあり、ツイッターはまさにお祭り状態の盛り上がり。同日のHOTワードランキングの1位、2位を「シンゴジラ」「シン・ゴジラ」が占め、放送時間中に20万を超えるツイートがあった。

 これまでにも『天空の城ラピュタ』の「バルス」一斉ツイートや、昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の実況ツイートなど、映画やドラマのテレビ放送をSNSで共有して楽しむ視聴形態はあった。

 こうしたスポーツ中継や音楽ライブに近い、より多くのファン同士がSNSでライブ感を共有しながら語り合って楽しむ参加型のライブエンタメ的な視聴は、好きな時間、場所で楽しむサブスクのネット動画配信などとならぶ、テレビならではの映画やドラマの楽しみ方の1つとして定着しつつあるのではないだろうか。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年1月1日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年1月1日号

<COVER STORY>
斉藤正明氏(ビクターエンタテインメント 代表取締役社長/一般社団法人 日本レコード協会 副会長)
50年近く音楽業界を見つめ数々のヒットを創出
若いスタッフに多く「打席」に立たせることが、ヒットの創出、会社の成長に繋がる

<NEW YEAR SPECIAL ISSUE 1>
2018年 いよいよマーケットはアジア全域へ

<NEW YEAR SPECIAL ISSUE 2>
音楽スタートアップと次世代のビジネスモデルを拓く

<NEW YEAR SPECIAL ISSUE 3>
2017年年間ランキング速報

<2018 Leader’s Message>
音楽・映像関連団体、レコードレーベル、放送局各社代表からの2018年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!