ドラマ&映画 カテゴリ

竹内涼真、30歳目前で「やっとスタートライン」 全世界の作品と比べられることに危機感も

 大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』のローカライズ版となるテレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』(7月放送スタート)で主演を務める竹内涼真。2013年に20歳で芸能界デビューすると、翌年にはデビュー前から憧れていた『仮面ライダー』シリーズで初主演を果たした。順風満帆に見える俳優人生だが、当時を振り返ると受け身だった自分への反省や、俳優としての実力に葛藤もあったと明かす。今年29歳を迎え、20代の集大成となる本作に向けての思いとともに「やっとスタートラインに立てた」と語る今後の俳優人生についても聞いた。

『梨泰院クラス』リメイク作主演にプレッシャーも「意識的に全部捨てて臨む」

――本作は大ヒットドラマ『梨泰院クラス』のローカライズ版として注目されていますが、主演のオファーがきたときの心境はいかがでしたか。

【竹内】自粛期間中に『梨泰院クラス』が話題になっていたので観たのですが、物語の構成や登場人物それぞれのキャラクター、描かれる人間模様まで全てがユニークで、さまざまなエンターテイメント要素が詰まったドラマだなという印象を受けました。そのリメイク版をこんなにも早く作ることにまず驚きましたし、主演としてオファーをいただいたときは正直少し戸惑いました。世界中で話題になったドラマのリメイクですし、“なぜ僕に主演としてお声がけくださったのだろう”と考えこんでしまって(笑)。ですが『六本木クラス』の制作チームのみなさんが僕を推薦してくださっているならば、この大きなチャンスをものにしたい、そう思ってお引き受けすることにしました。

――主人公の宮部新(みやべあらた)を演じるにあたりプレッシャーはありませんでしたか。

【竹内】もちろんプレッシャーはありますが、そのプレッシャーを意識的に全部捨ててから現場に入るようにしています。主演として僕がやらなければいけないのは、スタッフのみなさんや共演者の方々としっかりとコミュニケーションをとって、全員が同じ方向を向いて作品を作ることなので、その気持ちを何よりも大事にしています。

――昨日(取材時)クランクインを迎えられたそうですが、雰囲気はいかがでしたか。

【竹内】とても活気があって明るい現場という印象を受けました。テンポ良く進行しつつも、こだわるところはとことんこだわって撮っていくんだろうなと安心しながら現場に立てています。あと、物語の舞台が六本木ということもあって、見慣れた街で撮影できるのがすごくうれしいですし今後が楽しみです。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索