• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 『ポテチ』、日本定着の歴史は“のり塩”からだった 誕生から60年、“国民的おやつ”となった背景

『ポテチ』、日本定着の歴史は“のり塩”からだった 誕生から60年、“国民的おやつ”となった背景

写真左から、創業時のポテトチップス(のり塩)、創業者の小池和夫氏、現在発売中のポテトチップスのり塩

写真左から、創業時のポテトチップス(のり塩)、創業者の小池和夫氏、現在発売中のポテトチップスのり塩

 スーパーやコンビニなど、いまやどこでも購入でき、老若男女から愛され続けている『ポテトチップス』。ではその人気が“のり塩”から始まったことをご存じだろうか? 1962年、湖池屋の創業者・小池和夫氏が第1号の『ポテトチップスのり塩』を開発・販売して以降60年間、日本の“国民的おやつ”として人気を博し、日本に定着・大衆化させた。そもそもなぜ、日本での『ポテトチップス』認知拡大の第1号が“のり塩”だったのか?

湖池屋の歴史

湖池屋ポテトチップスのり塩の歴史

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索