ドラマ&映画 カテゴリ

Snow Man主演で実写化、映画『おそ松さん』これまでの情報をまるっと紹介(3月25日公開)

映画『おそ松さん』全国東宝系にて公開中(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022

映画『おそ松さん』全国東宝系にて公開中(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022

 赤塚不二夫生誕80年記念として、赤塚さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作にしたテレビアニメ『おそ松さん』が2015年10月から放送された。20歳を過ぎてもクズでニートで童貞、だけどどこか憎めない大人に成長した松野家6つ子を主人公に、何でもありの予測不可能な物語を展開するアニメ『おそ松さん』は、人気声優たちの競演もあいまって大当たり。2016年には流行語大賞にノミネートされるほどの社会現象を巻き起こし、シリーズは3期に渡って放送された。2019年3月15日には劇場版『えいがのおそ松さん』が公開され、2.5次元の舞台化も果たし、いずれもファンを虜にした。2021年に6周年を迎えた本作は、記念企画の一環として、新作アニメを2022年、2023年に全国劇場にて期間限定公開することも決定している。

 そんなアニメ『おそ松さん』が、人気アイドルグループ・Snow Manのメンバー総出演によって実写映画化。おそ松役を向井康二、カラ松を岩本照、チョロ松を目黒蓮、一松を深澤辰哉、十四松を佐久間大介、トド松をラウール、映画オリジナルキャラクターとなるエンドを渡辺翔太、クローズを阿部亮平、ピリオドを宮舘涼太が演じる。
【岩本照(Snow Man リーダー)】

 "え!「おそ松さん」実写でやるの?"大好きな作品であると同時にその世界観にメンバー一同、うれしさと「どうしよう?」という思いでした(笑)。
 先日、メンバー、共演者の方々と本読みをしましたが、今までの本読みの中で一番笑ったかもしれません。僕が登場しないシーンでもメンバーがやりとりしているのを聞いて、声に出して笑ったのは初めてです。
 撮影はこれからになりますが、全部が楽しみです。他のメンバーのシーンで実際に撮影を見られないシーンもあるので、作品が出来上がった時にどういうふうに脚本から変わるのか、本読みで自分が笑った部分がどのような映像になっていくのか、とてもワクワクしています。
 『おそ松さん』を好きな方にも、Snow Manを知ってくださっている方、知らない方も、誰が観てもくすっと笑えたり、声を出して笑ってしまうような作品に仕上がると思います。観ていただく方に楽しんでいただけるよう、まずは自分達が精一杯楽しみながら撮影に挑みたいと思っています。

(2021年8月3日、映画『おそ松さん』実写映画化決定情報発表時のコメント)

あらすじ

 松野家の6つ子、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は20歳を過ぎても定職につかず、親の脛をかじるクズで童貞のクソニート。足を引っ張り合いながらも仲良くひとつ屋根の下で暮らしている。ある日、長男のおそ松は、ひょんなことからある老紳士(時価総額数十兆円の大企業アプリコッツのCEO!)と出会う。事故で亡くした息子と瓜二つのおそ松を養子にしたいという突拍子もない話が進む。抜け駆けが許せない5人の弟たち。自分が養子にもらわれたいと他を蹴落とす骨肉の争いが勃発。そんな彼らの前に超重要そうな雰囲気を醸し出す黒ずくめの3人が現れ、物語は思いもよらぬ方向へと進んでいく。果たして、養子に選ばれ勝ち組の人生を送るのは誰なのか――。

監督:英勉

 『ヒロイン失格』(2015年)、『映画賭ケグルイ』(2019年)などの話題作を手掛け、最近では『東京リベンジャーズ』(2021年)の大ヒットも記憶に新しい英勉が監督を務める。実写版ならではのオリジナル要素を盛り込み、新境地を切り開く! 実写の世界で彼らがどのように活躍をするのか、予想だにしないコラボレーションの実現はまさに“最強”!

登場人物:キャスト

松野家
おそ松(長男):向井康二
カラ松(次男):岩本照
チョロ松(三男):目黒蓮
一松(四男):深澤辰哉
十四松(五男):佐久間大介
トド松(六男):ラウール
映画オリジナルキャラクター
エンド:渡辺翔太
クローズ:阿部亮平
ピリオド:宮舘涼太

彼らは【物語終わらせ師】として「おそ松さん」ワールドをかき乱す!? なぜ【物語終わらせ師】が6つ子の前に現れるのか…。

(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022

(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022

6つ子のアイドルであるヒロイン・トト子:高橋ひかる(※高=はしごだか)
日本中に愛されるキザ男・イヤミ:前川泰之
おでんへの愛は誰にも負けないチビ太:桜田ひより
【高橋ひかる(トト子役)】
 出演が決まった時からずっとワクワクしていました。実写化ということでプレッシャーもありますし、どうやって実写化するんだろうと不安もありましたが、共演者の方々と一緒に全身全霊で頑張ろうという気持ちになりました。

 トト子は、皆のアイドルで、キュートなところと、ちょっと毒づくところ、そして本音が出ちゃうところとすごくチャーミングな女の子だと思います。かわいらしさを出すことが私は得意ではないので、アニメを見て、作品も調べ、いかに自分の中のトト子像に近づけられるか、すごく意識しました。

 Snow Manさんは本当に仲が良くてチーム感バッチリで、その空間に入り込めるようにしていただいてますし、もうついていこうと思いました。映像になったらどうなるんだろうというワクワクするシーン、実写化ならではの魅力、新鮮な面白さがぎゅっと詰め込まれているので、きっと『おそ松さん』の虜になるはずです。
【前川泰之(イヤミ役)】
 イヤミはすごく個性的でコメディ要素満載なキャラクターなので、そういう役柄に声を掛けていただいたことがとてもうれしかったです。ただ、一番の問題は歯。この入れ歯に慣れることから始めました。又、イヤミの姑息な感じとか、下品な感じ、どうやったらあのゲスな感じが出るのか、特徴的な表情や体の動きなどを研究して撮影に臨みました。

 クランクイン前は不安も少しありましたが、初日にトト子とチビ太とカメラ前に立った瞬間、一気におそ松さんワールドに入り込めて、より一層イヤミが伸び伸びと生きてくれています。Snow Manのみなさんは個性豊かで、アクション要素だったり、舞台っぽい要素だったりが出てくる中で、それぞれのキャラクターが生かされていて面白いし、やっぱりみんなキレがあって美しい。そんな共演者や監督に甘えて好き勝手やらせてもらいました。

 ストレスフルな時期が続いていますが、そんな時に何も考えず、ただただ観て楽しんで、笑えて、スカッとできるような映画ができると思います。是非、この作品の仕上がりを楽しみにしていただきたいと思います。
【桜田ひより(チビ太役)】
 英監督とは今作で3作目になりますので、英監督が描く『おそ松さん』の世界に安心して飛び込みました。役柄を聞いた時は、どうやってチビ太になっていくのだろう?と未知でしたが、期待も大きかったです。カツラを付けるのに3時間も掛かりますが、支度から撮影まで楽しんでいます。

 チビ太はツッコミ役で、ある意味、視聴者目線。お芝居をする上でリズムや流れが重要だと感じています。自分なりに研究し、アドバイスをいただいて、現場の皆さんの想いのこもったチビ太が出来上がっていると思います。

 Snow Manの皆さんは、和やかに撮影が進むように気遣ってくださる優しいお兄さん的存在です。そんな皆さんが実写化した『おそ松さん』の世界をどんな風に駆け回るのか一緒に楽しみにしてくださるとうれしいです。

スペシャルPV

 主題歌「ブラザービート」の歌詞とシンクロしながら繰り広げられる本編映像で、映画『おそ松さん』ワールドをたっぷり堪能できるスペシャルPV。

異例の未完成報告会開催

 2022年3月9日、都内で本作が公開2週間前にもかかわらず本編制作中という“未完成”を報告するイベントが開催された。



アニメの6つ子と奇跡のコラボ

(C)2022 映画『KAPPEI』製作委員会 (C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルコミックス)

(C)2022 映画『KAPPEI』製作委員会 (C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルコミックス)

 アニメの6つ子が実写映画に登場! Snow Manをサポートする。おそ松(CV:櫻井孝宏)、カラ松(CV:中村悠一)、チョロ松(CV:神谷浩史)、一松(CV:福山潤)、十四松(CV:小野大輔)、トド松(CV:入野自由)が本作のオープニングに登場。劇中衣装をまとった映画オリジナルの描き下ろしバージョンで、本人(アニメ)が本人(実写)を紹介するという演出。

 「アニメ『おそ松さん』という大人気コメディ作品を扱わせていただくので、“せっかくなのでその勢いも借りちゃえ!”ということで今回の演出を思いつきました。そしてまさかの原作元(フジオプロ様)&豪華声優の皆様にもご快諾頂き、夢のコラボが実現することが出来ました! オープニングから『おそ松さん』ワールド全開のシーンとなっておりますので、気になる方は是非劇場に足をお運びください!! ちょっと感動すると思います(笑)」(菅原プロデューサー)

3月21日開催、TGCのステージに登場

 3月21日に東京・代々木競技場第一体育館にて開催される『第34回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 SPRING/SUMMER』にSnow Manのメンバー全員が映画『おそ松さん』の劇中衣装で登場。リアルの場で劇中衣装を初披露した。

不二家のスイーツとコラボ


初日から3日間限定!入場者プレゼント

 映画の公開を記念して公開から3日間(3月25日〜3月27日)全国の上映劇場にて鑑賞した方に、特製(とくシェー)ステッカーを1つプレゼント(数量限定!無くなり次第終了!)。

 映画の中から飛び出してきたようなSnow Man9人の「シェー!」の集合ショットとそれぞれのソロショット。そしてSnow Manをもじった「OsomatsuSan」のロゴ。劇中衣装に身をまといながらも、シングルCDのパロディ? オマージュ?なのかどことなく寄せにいった感満載の逸品。

※劇場により数に限りあり。配布期間内でも無くなり次第終了となるのであらかじめご了承ください。
※特典は非売品。転売、内容の複写・複製・転用・SNSなどでの配信等の行為は一切禁止です。

主題歌:Snow Man「ブラザービート」

 昨年12月に発表されたオリコン年間ランキングにて、2021年1月発売「Grandeur」が1位、7月発売「HELLO HELLO」が2位を獲得し、年間シングルランキング1位2位を独占。さらに2021年『第72回NHK紅白歌合戦』初出場を果たしたSnow Man。彼らの6枚目のシングル「ブラザービート」が主題歌に決定。映画『おそ松さん』の世界観とも重なりつつ、9人それぞれの個性が際立つラップの掛け合いとわちゃわちゃ感が楽しめる楽曲となっている。

発売日:2022年3月30日(水)
レーベル:MENT RECORDING

映画『おそ松さん』2022年3月25日公開

原作:赤塚不二夫「おそ松くん」
監督:英勉
脚本:土屋亮一
音楽:橋本由香利
主題歌:Snow Man「ブラザービート」(MENT RECORDING)
制作:シネバザール/はちのじ
配給:東宝
公開日:2022年3月25日(金)
(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022
公式サイト⇒(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索