• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ビューティ
  • 【整形美女】大切な人の死で自暴自棄になり整形を決意 総額2500万円をかけたレイヤー・神崎りのあ「周りに感謝できるようになった」

【整形美女】大切な人の死で自暴自棄になり整形を決意 総額2500万円をかけたレイヤー・神崎りのあ「周りに感謝できるようになった」

 全身の整形に総額2500万円を費やしたという美容コスプレイヤーの神崎りのあさん(@Rinoa_Biyou)。目以外のほとんどの部分を整形してきたという神崎さんは、コスプレイヤーとして活動する傍ら、YouTubeやTwitterなどで美容整形の体験談や失敗談、さらには実際の術後の経過情報などを随時配信し続けている。現在の夢は整形に関する本を出版することだという彼女に、整形をしようと思ったきっかけや整形をしたことで変わった自身の考え方などについて、話を聞いた。
【全身写真はこちら!】まるで2.5次元級のスタイル! 神崎りのあさんの撮りおろしコスプレカット

大切な人の事故死、アンチからの誹謗中傷 やけを起こし親に言わず顎整形のため韓国へ

――美容整形をしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

神崎りのあ成人式のときには、もうすでにやっていました。「成人式で変わった自分を見せたい」みたいな想いは強かったかもしれないです。でも、ヒアルロン酸とかのプチ整形って感じでしたけどね。ぶ厚いのが嫌で下唇を切ったのが最初の整形です。

 実際やってみると「まあ、こんなもんか」みたいな感じでした。ただ、感覚がちょっと鈍くなってしまっていて、それは今も続いていますね。

――そこから次の整形に踏み切ったのは?

神崎りのあ次も顎のヒアルロン酸とかのプチ整形で、そこからしばらくプチの時期が続いたんですが、ヒアルロン酸は時間が経つと消えてしまうから、「もうやっちゃおう!」って整形に踏み切りました。鼻と太ももの脂肪吸引を一気にやりましたね。
――不安はなかったですか?

神崎りのあ「やりたい!」っていう好奇心のほうが大きかったです。でも実は失敗されて鼻のつなぎ目が変になって、「映画のアバターみたい」ってみんなにも言われちゃったんです。それで再手術をしてもらったんですけど、後で調べたらそのクリニックが無免許でやっていることがわかって…。

――それでもさらに整形をしようと思ったのはなぜですか?

神崎りのあ太ももが細くなってズボンが入るようになったのがうれしくて。鼻も高くなって「ハーフみたい」って言われて、どんどん深みにハマっていった感じです。あと、私はコスプレイヤーなのですが、アニメだとツンとしている鼻とか細いスレンダーなキャラが多いので、「キャラに近づいている!」っていう喜びも大きかったですね。

――容姿について悩まれていたというよりも変われたことがうれしかったのですね。

神崎りのあもともとは綺麗になりたいと思って整形をしていました。でも、顎を削る手術をやろうと思ったのは、すごく大切な人を交通事故で亡くしてしまったことが大きいです。その人の死で悲しみ嘆いていた頃、掲示板やDMで誹謗中傷を受けていたんです。自暴自棄になってしまって「もう死んでもいいから変わってやろう」って顎の手術を決意しました。

――そんな大変なことがあったのですね。

神崎りのあ両顎手術って、当時亡くなっている方もいたので、韓国で「死亡しても何も言いません」みたいな死亡同意書のようなものにもサインをして、親にも言わずに手術を受けました。大切な人の死や誹謗中傷が重なっていなかったら、顎を削るまではやらなかった気がします。

――整形をして、ご自身の中でどのような変化がありましたか。

神崎りのあ性格がやさしくなった気がします。人のやさしさと誹謗中傷の痛みの両方を知ったし、1ヵ月ずっと流動食だったり、喋れなくなったり、歩けなくなったりと不自由な経験もしたので、すべてに感謝できるようになりました。日常の些細なことに喜びを感じられるようになって、性格そのものが丸くなりました。

コスプレとの“変身”の違い「整形は少しずつ変わるから中身まで徐々に変わっていける」

――神崎さんはコスプレイヤーとして10年以上も活動されていますが、コスプレイヤーとしての“変身”と整形での“変身”にはどんな違いがあると考えますか?

神崎りのあコスプレは一瞬で変身できるんですけど、整形は一気にガラッとではなく少しずつ変わっていくので、それと同時に中身まで徐々に変わっていけるものだなと感じます。

―最近はレイヤーだけでなく整形YouTuberとしても活動されています。

神崎りのあ2018年頃からずっと整形を公表したいと思っていたのですが、今より世の中が整形に対して寛容ではなかったので、「言ったら叩かれるだけだよ」「もし子どもができたら子どもまでいじめられるよ」って周囲の人からかなり止められました。でも、整形の認識が変化して、公表される方が少しずつ出てきたので、ようやく公表できました。

――YouTubeでは整形での失敗談も公開されていますが、失敗しても整形に臨まれるのはどんな想いがあるからなのでしょうか?

神崎りのあ感染して鼻が真っ赤になったときに「骨が溶けるよ」って言われたことがあって、手術は毎回リスクがあるものだというのはわかっているんですけど、成功したときの喜びが大きくて「またやりたい!ここもやりたい!」という気持ちが大きくなってしまいます。

 Instagramとかで可愛い子を見ると「私もこんな風になりたい!」って思っちゃうんですけど、やっぱりどこかで止めないとという気持ちにもなります。ある程度は化粧でうまく誤魔化したりカバーしたりすることも考えないと、一生続いてしまうなって…。

――現在の自身の整形に対する満足度に点数をつけるとしたら何点でしょうか?

神崎りのあ65点くらいですかね。まだまだたくさんやってみたい所があるし、もっと中身も変わりたいとか、もっと自信を持って明るくなりたいとか、そういったことも含めて、まだ35点くらいは足りないですね。

「人と比べてばかりで自分で自分を認めてあげないと、ずっと負の連鎖が続いていく」

――整形をすると「前のほうがよかったのに」などと言う人もいますよね。

神崎りのあ多いです! そういう言葉に最初は傷ついていました。「嫌だったから整形をしたのに、なんでそんなことを言うの」って…。でも、中途半端に整形をしていた頃はそういうことをよく言われて、ぶっ飛んで2500万円をかけたら言われなくなったんです。だから、後悔するくらいならやっちゃったほうがいいかなって。前の顔がよかったというのはその人の意見なので、「そういう意見もあるよね」って受け入れることもできるようになりました。

――ネガティブな意見も受け止められるようになったと。

神崎りのあそうですね。なので整形前より内面的にも今のほうが幸せですね。前は常にピリピリしていたけど、今は相手を受け入れたり感謝をしたりすることができるようになりました。そうすると、周りも受け止めてくれるしやさしくしてくるので、本当に幸せです。中身も変わることが大切なのかなって。綺麗になって性格がきつくなる人もいるので、いくら顔が可愛くても人をけなすような発言をする人にはなりたくない。中身まで変わろうとすることで人生も変われるんじゃないかなって思います。

――容姿コンプレックスと向き合っていくうえで、大切なことは何だと思いますか

神崎りのあ何に対しても認めていくことだと思います。人の良い所を認めて、自分の良い所も悪い所も認める。ある意味、コンプレックスって個性でもあるので、認めないと永遠に悩んでしまうというか…。人と比べてばかりで自分で自分を認めてあげないと、ずっと負の連鎖が続いて歯止めが効かなくなりますからね。

――今後、挑戦したいみたいことは何でしょうか。

神崎りのあやりたい施術は、人中の短縮手術とおデコのシワ除去。そしてドクターストップが出てしまったけど、顎をもう少し短くしたいという気持ちもあります。あとはいつか美容整形の本かエッセイを出したいです!
神崎りのあ
整形Twitter:@Rinoa_Biyou
コスプレTwitter:@Rinoa_Kanzaki
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC9yPRRBwSolIFJ9q1ndxdSA

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索