• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ビューティ
  • 【整形美女】アンチからの「ブス」 それでも自身の整形を発信し続ける女性「整形したということ自体は何も悪くないでしょ」

【整形美女】アンチからの「ブス」 それでも自身の整形を発信し続ける女性「整形したということ自体は何も悪くないでしょ」

 美容整形をして、それをSNSなどで公表する人たちが増えてきている現在。賞賛や憧れといった声を浴びる一方で、アンチによる嫌がらせや中傷を受けることがあるのも事実。そんな中でも、誹謗中傷に屈せず、自分の想いを発信し続ける女性に注目。他者評価よりも、自己評価や自己満足という点に重きを置いて整形を重ねる彼女に、整形をしようと思ったきっかけやアンチに対する思い、整形をしたことによる考え方の変化などについて、話を聞いた。

悪質なアンチによる嫌がらせで職場退職に追い込まれ…中傷に屈せずに整形を公表した理由

 26歳にして、美容皮膚科プロデューサーとして都内でクリニックを立ち上げたみるくナースさん。家族から愛情いっぱいで育てられ、中高時代までは自分の顔に悩むことはなかったという。だが上京後、SNSをきっかけに二重整形をすることになる。

 きっかけになったのは高校卒業後、看護専門学校に入学すると、つけまつげやカラコンは当たり前といった、今まで関わることがなかったタイプの子たちと出会い、「あ、私ってダサい、遅れてるのかも」と思うようになっていったという。

「ちょうどその頃Twitterをはじめて、あるとき、ポートレートモデルをしないかと声をかけられたんです。嬉しくてネットに載せたら、知らない人から『ブス』とか悪口が来るようになって。そこから自分ってブスなんだと思うようになっていき、20歳のとき、二重整形をしました」

 だが、二重整形だけでは満足ができず、看護師になってからも、自分より可愛い子を見ては「何が違うの? 私も可愛いはずなのに…」と思い始めたそう。

「当時すでに私はTwitterで整形アカウントを作って情報収集をしていました。そこで自分と同じような団子鼻が整形できれいになっている人を見つけて、看護師になって2年目のボーナスで渡韓し整形しました」
 当時は悪質なアンチによる嫌がらせにも遭い、勤務先や本名だけではなく、風俗で働いているなどと、あることないことまで掲示板に晒された。そのため、迷惑をかけられないと思い、病院を辞めることにもなった。

「そんなことがあっても、SNSをやめようとは思いませんでした。今の友達の9割の子がSNSからだし、SNSをなくすと友達の作り方も交流の仕方もわからないんです。アンチはうざかったけど、みんなと絡むことはやめたくありませんでした」

 アンチからの中傷に屈さず、整形をSNSで公表しようと思ったのには、みるくナースさんなりの強い想いがある。

「嫌がらせは整形と紐づけていなかったんです。バレてもいいと思っていたし。顔をがっつり出したのはここ1年なんですけど、整形したということ自体は何も悪くないでしょって思っていました」

 整形を経た現在、「不幸だとは思わないが、自分の中の幸せには遠い」と冷静に分析する。

「可愛くなるために整形という努力した自分はすごいなって思うけど、ただそれだけ。整形が私を幸せにすることはないと思います。整形した後すぐは一時的に自己肯定感が上がるけど、その瞬間だけ。整形はもう趣味みたいなもんですね。自己肯定感を上げるのは、経験や資産とか。20代のうちに資産運用をしっかりしていきたいなと思っています」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索