• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 猫がまるで“お爺”に…思わず“ブサかわ”になる猫専用こたつに反響、実は「みかん」がメインだった?

猫がまるで“お爺”に…思わず“ブサかわ”になる猫専用こたつに反響、実は「みかん」がメインだった?


 『猫と、こたつと、思い出みかん。』という日本初の猫専用こたつ付き“みかん”が大人気で、これまでに5000箱以上を売り上げている。メインであるみかんについてくる、おまけの猫専用こたつは段ボール製になっており、足を差し込むだけで完成。簡単にこたつができあがる。もともとは鶏肉をメインに販売していたオンラインショップだったが、2018年からあることをきっかけに、みかんも扱う和歌山グルメのサイトに様変わりしたのだという。本商品が生まれた経緯を、同サイトを運営する中田直希さんに話を聞いた。

地元に恩返しするため試行錯誤「これまでにないコンセプトのみかんを」



 元々、鶏肉を販売していたネットショップ「チキンナカタ」。しかし今では鶏肉だけでなく、和歌山グルメも同サイトで販売している。その理由は、遡ること2018年、台風21号の影響で、仕入元の鶏舎が大きなダメージを受け、9万羽の被害が出たことがきっかけだったという。

「私たちの会社も停電が続き、工場も稼働できず、営業もできない。鶏も仕入れられず、まったく売るものがない状態になった時に助けてもらったのが、地元の方々でした。売るものが無いなら、うちの商品を売ってくださいと言ってくれたんです」

 そんな中、有名なブランドではないけれど、和歌山でみかんを栽培している農家から「うちのみかんをネットで売ってくれないか?」という相談があった。中田さんは、地元の方に恩返しをしたいという想いから、扱ったことのないみかんの販売も決めた。

「他のサイトと同じように売ってもダメだろうと思い、これまでにないコンセプトのみかんを作って、新しいお客さんに届けようと考えました。商品会議の中で、もともと私や友人が猫好きであったことから、“猫好きのためのみかん“というコンセプトの商品ができたら面白いのでは?という話になり、猫とこたつ、こたつとみかんは連想しやすいのではと考え、『猫専用こたつ付きみかん』というアイデアが生まれました」

 名前は、美味しいみかんを食べながら、ダンボール製のこたつで猫と遊んで、ささやかな冬の思い出を作ってほしいといった想いから、ストーリー性を意識したライトノベルのタイトルのような「猫と、こたつと、思い出みかん」に決まった。パッケージも、昔ながらの「みかん箱」とはまったくイメージの違う、原稿用紙風のパッケージにすることで、よりストーリー性のある商品に仕上がった。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索