• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 『おばけのバーバパパ』は“オバケじゃなかった” 原作50周年でもなお愛される秘密

『おばけのバーバパパ』は“オバケじゃなかった” 原作50周年でもなお愛される秘密

 4月22日は「バーバパパ」の日。フランス生まれの人気絵本『おばけのバーバパパ』が今年誕生50周年を迎え、「バーバパパ50周年公式Twitterアカウント」をはじめさまざまなアニバーサリー企画が展開されている。絵本はもちろんグッズなどで幅広い世代に親しまれてきたバーバパパ。しかしその正体や誕生秘話など、意外に知られていないエピソードも多い。記念すべきこのタイミングに、改めてバーバパパの魅力を探ってみた。

バーバパパは“卵生の生き物”だった! タイトルに「オバケ」付けた理由

 優しい目をした大きなピンクの体の人気者。1970年に最初の絵本がフランスで刊行された「バーバパパ」が今年で誕生50周年を迎えた。日本では1972年刊行の絵本シリーズ1作目『おばけのバーバパパ』で広く知られるようになったが、どうやらバーバパパは“オバケ”ではないようだ。

 絵本『おばけのバーバパパ』には、とある家の庭の土からバーバパパが生まれる様子が描かれている。さらに絵本シリーズ2作目『バーバパパたびにでる』(講談社刊)では、パートナーを探しに旅に出たバーバパパがバーバママと出会い、ラストで7人の子どもたちが誕生。バーバパパとバーバママが真っ白な卵を土に埋めると、数週間後に色とりどりの子どもたちが土の中から生まれ出てくる。つまり、彼らはれっきとした“卵生”の生き物だったのだ。 

 バーバパパやファミリーは、地球上で生まれ育っている。ではなぜ、原作に出てこないオバケをタイトルに込めたのか。

「これは日本オリジナルのタイトルで、訳者である児童文学者・山下明生さんに付けていただきました。日本にバーバパパを紹介するにあたって「読者の気をひくよう、『おばけのバーバパパ』としたのでした」とのちに振り返っています」(偕成社・担当者)

 日本の子どもたちにとって、“オバケ”とは怖い化け物というよりも、自分とは違う姿をしていて不思議な能力があるけれど、心を通わせることができる友だち。そんなイメージがあるのではないだろうか。困っている人を助けるためにどんな形にも姿を変えられるバーバパパは、そんな日本の「おばけ観」にまさにぴったりだったのかもしれない。

 世界40カ国以上で翻訳されている「バーバパパ」だが、パリの版元によると「日本版が一番人気」だという。バーバパパは決しておばけではない(と言い切ってしまおう)。しかし温かいキャラクターや世界観もさることながら、「おばけ」と付けた山下さんの翻訳センスもまた、日本でのバーバパパ人気に大いに貢献したと言っていいだろう。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索