• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

土屋守 スコッチ・終わりなき旅

前へ

シングルモルト、入り口として薦める3銘柄

撮影:渋谷寛

撮影:渋谷寛

難解かつ複雑、奥が深いイメージのウイスキーだが、実はものすごく簡単だという。シングルモルトの代表的な3つの風味は「フルーティー・フローラル」「ナッティ・スパイシー」「スモーキー・ピーティー」。ブレンデッドウイスキーに比べ個性が際立つシングルモルトでは、その特徴を明確に感じられる銘柄があるという。以下の3銘柄は土屋が入門編として進める、世界中のシングルモルトウイスキーの中で3つの風味を存分に感じられるものだ。
「グレンモーレンジィ10年」
麦芽にピート(泥炭)を焚いてないのでスモーキーなフレーバーがない、フルーティー・フローラルタイプ。「ライトボディでありながら、バーボン樽(ホワイトオークカスク)からくる香味がすばらしい。ここまで樽の良さを引き出しつつ、フルーティーでフローラルで飲みやすいという銘柄はあまりない」という。
「マッカラン12年 シェリーカスク」
こちらもノンピートで、直火での蒸留。ヨーロピアンホワイトオークのシェリーカスクでの熟成。グレンモーレンジィと真逆の個性。熟したフルーツ、ドライアプリコット、レーズン、なめし皮、アーモンドのようなナッティなスパイシーさが特徴。
「アードベッグ 10年」
麦芽の乾燥時にピートを焚くことによって、麦芽の中にスモーキーフレーバーを閉じ込めたタイプ。ピーティーとは、腐葉土のような、大地のような、あるいは海(または海藻)のような風味のこと。「これぞアイラ・モルトの典型。スモーキーにしてピーティー、大地のようであり海藻のような味わい。だけどこの3つの中で最も甘い。ハチミツのようにスイート。これが強烈なスモーキーさと相まって、クセになる」。アイラ島で作られるモルトウイスキー、通称「アイラ・モルト」に現れる特徴だ。

ウイスキーは、グラスと語り合い、思考を巡らせるぜいたくな時間を作るもの

「世界一のウイスキーライターと言われた故・マイケル・ジャクソン氏は「今まで飲んだ中で一番おいしいウイスキーは何ですか?」という問いに対して「まだ飲んでない」と答えた。そういうことだと思う。終わりが見えているものはワクワクしない。終わりがないってことが魅力になっている。単なる付き合いで酒を飲んでいたり、酔いたいだけで飲んでる人には起こりえない思いかもしれないですね」



「若い頃はバーで飲んでいましたが、今はすべての仕事を終えて、“完全にオフ”の時間にウイスキーを楽しんでいます。考え事をしたり、音楽を聴いたり。1時間くらいかけて1〜2種類のウイスキーを飲んでいます。つまみは一切なし。せっかくのウイスキータイムが崩れてしまう気がします。1人でリラックスして音楽を聴いたり…そういう時間は、考えごとやお酒について、時には思わぬことに気づかせてくれる。グラスと語り合うってのはそういうこと。思考を巡らせて自分と向き合う唯一の時間です。晩酌もいいですが、ほんの30分でもそういう時間を楽しみたい。お酒は生活を豊かにするものであってほしいですね」

<土屋さんおすすめのリカーショップ>

「目白 田中屋」
ウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒など幅広く取りそろえ、希少なシングルモルトも。イギリスの雑誌『ウィスキーマガジン』より、2007年小売店賞第2位受賞。2010年のWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)で、単一小売店部門の世界最優秀小売店受賞。

東京都豊島区目白3-4-14 田中屋ビル地下
営業時間:11:00〜20:00 
定休日:日曜


(取材・文 / 加藤由盛)
(取材協力 / ウイスキー文化研究所)
Information
『Whisky Festival 2016 in TOKYO』
2016年11月20日(日)開催
会場:池袋サンシャインシティ 文化会館3F 展示ホールC(東京都豊島区東池袋3-1-1)
60社以上の出展ブースではさまざまなウイスキーを堪能できるほか、カクテル、地ビール、リキュール、シガー、フードなども楽しめる。海外からの豪華ゲストを招いた特別セミナー、プロのバーテンダーによる無料カクテルブース、オリジナルボトルの販売も行い、世界のウイスキーを一度に堪能できる。
公式サイト:http://whiskyfestival.jp/tokyo2016/


『第4回 ウイスキー検定』
2017年2月5日(日)開催
世界のウイスキーを対象に、歴史、原料、製法からさまざまな飲み方、うんちくまで幅広い知識を問う検定。1級〜3級の常設級のほか、テーマに特化した検定も実施。申込は公式サイトから。
公式サイト:http://whiskykentei.com/
前へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索