ドラマ&映画 カテゴリ

植村花菜、「長年の夢だった」“笑いの殿堂”で新喜劇に挑戦

 シンガー・ソングライターの植村花菜が17日、大阪・なんばグランド花月で行われた毎日放送『よしもと新喜劇お正月スペシャル』(来年1月1日 後2:30 ※関西ローカル)の収録に参加した。兵庫県出身で大の新喜劇好きの植村は、長年の夢だったNGKの舞台に「めっちゃ緊張しました」。新喜劇座長の1人・川畑泰史相手に見事なボケを披露しただけでなく、自身が「憧れだった」というヒロイン・島田珠代との下ネタギャグ共演も果たした。

 今回は内場勝則小籔千豊池乃めだからお馴染みのメンバーが、定番のギャグを繰り出しながら時代劇『新説・桃太郎』に挑戦。鬼の角を食べないと死を迎えてしまう桃太郎(小籔)が鬼退治に向かう姿を描いた。

 9分52秒の長尺楽曲「トイレの神様」のヒットで、今年の音楽シーンを盛り上げた植村は、歌手活動のベースを「新喜劇から学びました」とキッパリ。この日は、旅一座で人気の女優兼歌姫・お花菜に扮し、風呂敷包みを振り回しながら川畑をはり倒すなど、オーバーリアクションで笑いを誘った。

 小学生時代には「新喜劇に入ろうか、歌手になろうか(本気で)迷った」という植村は、憧れの“笑いの殿堂”出演を「やっぱり、舞台では声を張らないといけないなと思いました」と振り返り、カーテンコールでは、島田と共に内場勝則の股間にタッチするギャグに挑むなど、思い入れの強い新喜劇を満喫していた。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『よしもと新喜劇お正月スペシャル』(毎日放送)収録前に取材に応じた(左から)川畑泰史、辻本茂雄、植村花菜、内場勝則、小籔千豊 
  • 植村花菜が新喜劇に初出演! 『よしもと新喜劇お正月スペシャル』(毎日放送)収録時の模様 
  • 植村花菜が新喜劇に初出演! 『よしもと新喜劇お正月スペシャル』(毎日放送)収録時の模様 
  • 植村花菜が新喜劇に初出演! 『よしもと新喜劇お正月スペシャル』(毎日放送)収録時の模様 
  • 島田珠代と共に内場勝則(中央)へ下ネタギャグを試みる植村花菜(前列左) 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索