ドラマ&映画 カテゴリ

深田恭子が“胸の谷間”封印宣言 「もう出しません」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の深田恭子が4年半ぶりに主演を務める映画『恋愛戯曲 〜私と恋におちてください。〜』(9月25日公開)のヒット祈願イベントが26日、東京大神宮で行われ、深田と俳優の椎名桔平鴻上尚史監督が出席した。鴻上監督は深田のキャスティング理由のひとつとして、映画『ヤッターマン』での深田の“胸の谷間“に魅了されたことを告白。その理由は寝耳に水といった様子の深田は、あ然としながら恥じらいをみせ「もう胸の谷間は出しません」と“谷間封印宣言”をした。

 劇作家・鴻上尚史の人気舞台を自身が脚本・監督し映画化した同作。仕事ができないTVプロデューサー・向井(椎名)が「原稿書いてください。何でもしますから」と崖っぷち脚本家・谷山(深田)に懇願し、谷山が「じゃあ、私と恋におちて!」とまさかの“強制恋愛”を迫ることから始まるラブコメディが繰り広げられる。地味でくたびれた主婦からゴージャスな作家まで、現実と脚本の中の3人のヒロインを深田がバラエティに富んだ演技で魅せる。

 深田は「観終わってから、恋がしたいなと思ってくれる映画です」と同作をアピール。さまざまなタイプの役柄を演じる深田は、中でも“ゴージャスな作家”がお気に入りのようで「大御所の方に、きつい言葉を言い放つのが気持ちよかったですね」と“攻めキャラ”に大満足な様子だった。一方、“コメディ要素のない人”として抜擢された椎名は「20数年、コメディの要素を見せない俳優をやってきてよかったです。これからどんな役者になろうか考えてます」と笑顔。役柄については「楽しいです。掛け合いとかね。閉ざしていた心がオープンになるような開放感があります」と思わぬハマリ役となったようだった。

 イベントでは作品タイトルにちなみ、東京大神宮名物である“恋みくじ”に挑戦。中吉を引き『強烈なふたりの愛は最高潮を迎えるが、長続きはしない。新しい人を選べば、限りない幸福が得られる』という説明を受け「参考にしたいと思います」と苦笑いを浮かべた深田は、“強制的な恋愛はあり?”という質問に「ありです!」と笑顔で答えた。

◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントを行った深田恭子 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントを行った椎名桔平 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントを行った(左から)鴻上尚史監督、深田恭子、椎名桔平 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントを行った(左から)椎名桔平、深田恭子 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントを行った深田恭子 (C)ORICON DD inc. 
  • 深田恭子、椎名桔平らが参加した、映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントの模様 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』のヒット祈願イベントを行った(左から)鴻上尚史監督、深田恭子、椎名桔平 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる