アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 「大きな声出さないと泣きそう…」 米倉涼子、『交渉人』公開初日に万感の思い

「大きな声出さないと泣きそう…」 米倉涼子、『交渉人』公開初日に万感の思い

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の米倉涼子が11日、都内で行われた主演映画『交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦』の公開初日舞台あいさつに登壇した。「人ってこんなにあちこちの場所行けるんだなって思った。300以上仕事をしました」と各地でPRを続けてきた同作の待ちに待った公開初日に、米倉は「映画の初日ってこういうものなんですね。なんだか感動しています」と詰め掛けた観客にあいさつ。イベント中盤では「大きな声を出してないと泣いてしまいそうで…。とっても嬉しいです!」と万感の思いを明かした。

 2008年1月に放送されたドラマ版で人気を集め、その後スペシャルドラマ、「シーズン2」に続いて初映画化された同作。巧みな交渉術とド派手なアクションで難事件を解決してきた主人公・宇佐木玲子(米倉)が、飛行機内で乗客・乗員あわせて159名の命を守りながらも絶体絶命の状況下でハイジャック事件に立ち向かっていく様子を描く。

 飛行機ハイジャックを扱った同作にちなんで作られた約2mにも及ぶ飛行機型の巨大チョコレートがステージに登場すると、米倉は陣内孝則反町隆史、松田秀知監督にそれぞれ「あ〜ん」と食べさせるサプライズプレゼント。陣内は「僕と反町君はいつでもタイガー・ウッズになる自信ありますから!」と不倫騒動中のウッズを引き合いに出して叫ぶほど米倉にメロメロの様子だった。

 ドラマの「シーズン2」から出演するドランクドラゴン塚地武雅は「こんにちは! 俳優の塚地武雅です。ドラマの撮影の前に映画を撮ったので、僕の髪の毛の長さが『裸の大将』並みの短さです」と自己紹介で笑いを誘い、城田優は「僕は洋画が大好きで邦画はあまり観ないんですけど、コレはめちゃくちゃ面白い。洋画に負けないくらいの面白さです」とアピール。米倉は最後に「『交渉人』は0からオリジナルで、ドラマから始まって映画まで至ることができました。次は(動員)300万人突破記念でお会いしましょう!」とぶち上げ、盛大な拍手に包まれていた。

 舞台あいさつには、ほかに筧利夫、高知東生、林遣都、八神蓮、林丹丹が出席。






 ドランクドラゴン反町隆史



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『交渉人』初日舞台挨拶に登壇した米倉涼子 (C)ORICON DD inc. 
  • 反町に「あ〜ん」でチョコを食べさせる米倉(C)ORICON DD inc. 
  • 映画『交渉人 THE MOVIE』のワンシーン 
  • 映画『交渉人 THE MOVIE』のワンシーン 
  • 陣内にも「あ〜ん」でチョコを食べさせる米倉 

オリコントピックス