ドラマ&映画 カテゴリ

熾烈な「0巻」争奪戦…映画『ワンピース』初日の全上映回が12ヶ所で完売

■その他の写真ニュースはこちら

 12日(土)公開の劇場版アニメ『ワンピース フィルム ストロングワールド』を上映する12の劇場で、11日正午までに、公開初日の先売り指定券がすでに満席であることが配給会社・東映の発表でわかった。同作の劇場入場者に漫画『ワンピース』のコミックス0巻をプレゼントすることが発表されてから、前売り券の販売枚数が飛躍的に伸びていた。プレゼントは劇場により数に限りがあるため、前代未聞の“0巻”の争奪戦は必至だ。

 先売り券とは、各劇場のWEBサイトや窓口などで、数日前から上映時間・座席を選択して事前に購入できるチケットのこと。それぞれの劇場によって販売開始日は異なり、この制度を導入していない劇場もある。

 同作は12日より全国188館で上映予定。東京・新宿バルト9、神奈川・109シネマズMM横浜、大阪・なんばパークスシネマなど12の劇場で、初日の全上映回で全席がすでに満席となった。新宿バルト9では深夜2時20分開始のナイトショーに至るまで全て完売し、東京・シネマサンシャイン池袋では急きょ23時15分の回を追加するなど各劇場が対応に追われている。

 週刊『少年ジャンプ』(集英社)で連載開始から13周年を迎える『ワンピース』は、累計発行部数が1億7000万部超え、コミックスの初版発行部数日本新記録(263万部)を保持するなど、10代〜30代男女の幅広い人気を誇るモンスタータイトル。テレビアニメシリーズも放映中で、劇場版作品は今回が10作目。

 節目の今作は、原作者の尾田氏がストーリーからキャラクター設定、ゲスト声優のキャスティングなど映画製作過程の隅々にまで関わり、文字通り製作総指揮を手がける。

最新「映画」関連ニュース一覧はこちら

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索