• ホーム
  • 映画
  • 堀北真希主演の“月9”ドラマ『イノセント・ラヴ』初回視聴率は16.9%

堀北真希主演の“月9”ドラマ『イノセント・ラヴ』初回視聴率は16.9%

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の堀北真希、人気デュオ・ゆず北川悠仁が出演する20日(月)放送開始の“月9”ドラマ『イノセント・ラヴ』(フジテレビ系)の初回視聴率が、ビデオリサーチの調べで16.9%(関東地区・番組平均)ということが、わかった。堀北が主演するドラマの初回視聴率としては、同局『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(07年7月期)の15.9%を超えて最高記録となった。

 同作は、堀北演じる主人公・秋山佳音が1人の男性を愛し抜く等身大の女性を“現代の孤独”をテーマに描いていくヒューマンドラマ。脚本は『神様、もう少しだけ』『ラブジェネレーション』、近年では『ラスト・フレンズ』(全てフジテレビ系)のヒットが記憶に新しい浅野妙子氏が手掛けている。

 放送当日には堀北、北川が揃って『めざましテレビ』(同局系)に出演。北川が、交際相手といわれる高島彩アナウンサーと共演し、和やかなトークを展開するなど、ドラマ本編以外にも話題を集めていた。


 『イノセント・ラヴ』の主題歌 宇多田ヒカル「Eternally -Drama Mix-」



オリコントピックス