ドラマ&映画 カテゴリ

1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督の『CUBE』を、菅田将暉主演でリメイクした日本版『CUBE』のサブタイトルが「一度入ったら、最後」に決定(10月22日公開)。死のトラップが次々と襲いかかる60秒”劇薬予告編“と本ビジュアルが解禁となった。 今回解禁された60秒予告編では、謎の部屋=CUBEで目覚めた、年齢も職業も違う6人の男女に次々と“死のトラップ”が襲いかかる様を見ることができる。全方向に謎の扉がある立方体の部屋で目覚めた6人の男女はエンジニア、フリーター、整備士、団体職員、中学生、会社役人と年齢出自共にバラバラ。謎の部屋から脱出しようとする彼らを、火炎噴射やワイヤースライサーなど、数々の死のトラップが襲うシーンが次々と映し出されていく。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索