ドラマ&映画 カテゴリ

ドラマ『M 愛すべき人がいて』初回視聴率5.6%の好スタート

 テレビ朝日系で18日スタートした土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜 後11:15〜深0:05※ABEMAで独占配信)。第1話の世帯平均視聴率は5.6%、個人全体平均視聴率2.7%だったことがわかった。世帯平均視聴率としては、『おっさんずラブ-in the sky-』(2019年10月期)5.8%、『東京独身男子』5.7%(19年4月期)に次ぐ好成績だった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを、当事者たちへの取材をもとにつづった同名小説(著:小松成美/幻冬舎)を原作に、脚本家の鈴木おさむ氏がドラマならではの彩りをプラスし、激動の90年代の音楽業界の光と影や、頂点へと上り詰めていくさまを描く、新たなシンデレラストーリー。

 音楽界の頂点を目指すアユ役に安斉かれん、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー・マサ役に三浦翔平、マサの右腕・流川翔役に白濱亜嵐、マサの秘書・姫野礼香役に田中みな実、「A VICTORY」大浜社長役に高嶋政伸らが出演。

 80年代に一世を風靡(ふうび)した大映ドラマ的な演技や演出、強烈なせりふ、怒涛(どとう)の展開にSNSでは多くの反響が寄せられ、「M愛すべき人がいて」がツイッターの日本のトレンド2位、世界のトレンド10位にランクインしたほか、「あゆのドラマ」や「マックスマサ」、「三浦翔平」、「田中みな実」もトレンド入りした。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索