ドラマ&映画 カテゴリ

齊藤工監督、わら人形に強いこだわり「200体作ってもらった」 Q&Aがわずか1問で終了し苦笑い

 俳優で映画監督の齊藤工が30日、開催中の『第32回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、参加各国に古くから伝わる怪談話を現代風にアレンジし、その国々特有の社会の闇を描きながら、文化を超えて多くの人が共感できるテーマを表現していく。齊藤監督の『TATAMI』は、殺人事件を追うジャーナリスト・岸真(北村一輝)が主人公。父親の葬儀のため実家に戻ると、過去のフラッシュバックに襲われ始める。そして実家にある「秘密の扉」から続く部屋で、家族の過去に隠された驚愕の真実が明かされていく。

 北村と一緒に参加した齊藤監督は「この業界に入ったのは約20年前。隣にいらっしゃる北村一輝さんの現場見学が第一歩でした。そんな北村さんと主演として映画を一緒に作っていただき、ここに来れたことをうれしく思います」と感慨深げ。一方の北村は「現場では怖かったですね…」とニヤリとし、齊藤監督は「ウソでしょ」と苦笑い。会場を和ませた北村は「何がうれしかったかというと、準備に時間をかける。俳優という仕事をわかっている。現場は彼の性格通り、さわやかな風のように流れていく。撮っている作品とは全然、違いましたね。スムーズ過ぎて、もっと何かないのかな、怒ってほしいと思った」と監督としての才能を絶賛していた。

 また、Q&Aでは題材についてきかれた齊藤監督は「メイドインジャパンの伝承を。そこで出てきたのが畳。畳は英語がない。言葉が強いと思った」と挙げた。劇中ではわら人形がキーになっており、「畳は表面はい草ですが、中はわら。わら人形に宿るものにクギを打つ。それに対して畳一畳分に宿る念を題材にしたいと思った。言葉から入りました」と明かした。それだけに「美術スタッフに200体作ってもらいました」と、わら人形のディテールには強いこだわりを持っていたことを語っていた。

 その話が盛り上がり、同時通訳も入っていたことで、質問は1問だけで、まさかの終了。齊藤監督は「Q&Aなのに1ラリー。もうちょっとあったら…」と残念がっていた。

 同シリーズはBSスターチャンネルで11月から放送される。この歩は黒田大輔、同シリーズの『母の愛』のジョコ・アンワル監督も参加した。

関連写真

  • 質問が1問だけで終了して残念がっていた斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した(左から)齊藤工監督、黒田大輔、北村一輝、ジョコ・アンワル監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した(左から)齊藤工監督、黒田大輔、北村一輝 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した北村一輝 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した黒田大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した北村一輝
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した(左から)齊藤工監督、北村一輝、ジョコ・アンワル監督
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した(左から)齊藤工監督、黒田大輔、北村一輝
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した齊藤工監督
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加した(左から)齊藤工監督、北村一輝、ジョコ・アンワル監督
  • 『第32回東京国際映画祭』内で行われたケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』シリーズのQ&Aセッションに参加したジョコ・アンワル監督

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索