ドラマ&映画 カテゴリ

【なつぞら】第2週「なつよ、夢の扉を開け」あらすじ

NHKの連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』(月〜土 前8:00 総合ほか)が4月1日よりスタート。第1週「なつよ、ここが十勝だ」は、戦災孤児となり、兄と妹と3人で生きていたヒロインのなつ(広瀬すず/粟野咲莉)が、9歳のとき、父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られ、一人、北海道・十勝へ。

剛男は、酪農を営む柴田家の婿養子だった。妻・富士子(松嶋菜々子)の父・泰樹(草刈正雄)は、18歳のときにひとりで十勝に入植した開拓一世。「ここに置いてもらうかわ...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」(C)ササユリ・NHK
  • ヒロイン・なつ(広瀬すず)(C)NHK
  • 家出したなつは一文なし。浮浪児だった頃を思い出し、帯広で靴磨きをはじめる=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 「東京だ」と気づく柴田泰樹(草刈正雄)=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 実の兄・咲太郎(渡邉蒼)と一緒にいた頃を思い出す=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 戦争で家族を失い、子どもたちだけで生きていたころ=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 警察を訪れた富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)たち=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索