アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【なつぞら】第2週「なつよ、夢の扉を開け」あらすじ

【なつぞら】第2週「なつよ、夢の扉を開け」あらすじ

 NHKの連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』(月〜土 前8:00 総合ほか)が4月1日よりスタート。第1週「なつよ、ここが十勝だ」は、戦災孤児となり、兄と妹と3人で生きていたヒロインのなつ(広瀬すず/粟野咲莉)が、9歳のとき、父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られ、一人、北海道・十勝へ。

【写真】その他の写真を見る


 剛男は、酪農を営む柴田家の婿養子だった。妻・富士子(松嶋菜々子)の父・泰樹(草刈正雄)は、18歳のときにひとりで十勝に入植した開拓一世。「ここに置いてもらうかわりに、働かせてください」と申し出たなつを、「それでこそ赤の他人」と気に入り、“見習い”として牛の世話などを教える。懸命に働いたなつは、泰樹に認められ、数日後には“弟子”に昇格。小学校にも通いはじめ、十勝で落ち着いた生活がはじまるかと思った矢先、いっこうに届かない兄からの手紙に不安を募らせたなつは、東京に戻ることを決意。泰樹たちに内緒で家を出た。

 第2週「なつよ、夢の扉を開け」では、東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。さらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。

 画像は、同ドラマの第2週の台本表紙に印刷されているイラスト。全編がアニメーションで制作されたタイトルバックの監督・原画・キャラクターデザインを手がけた刈谷仁美氏が26週分、すべて異なるイラストを提供している。

【放送情報】
2019年4月1日(月)〜9月28日(土)、全156回(予定)
総合 午前8:00〜8:15/午後0:45〜1:00(再)
BSプレミアム 午前7:30〜7:45/午後11:30〜11:45(再)
※毎週土曜、BSプレミアムで再放送あり(午前9:30〜11:00)

関連写真

  • 連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」(C)ササユリ・NHK
  • ヒロイン・なつ(広瀬すず)(C)NHK
  • 家出したなつは一文なし。浮浪児だった頃を思い出し、帯広で靴磨きをはじめる=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 「東京だ」と気づく柴田泰樹(草刈正雄)=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 実の兄・咲太郎(渡邉蒼)と一緒にいた頃を思い出す=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 戦争で家族を失い、子どもたちだけで生きていたころ=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 警察を訪れた富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)たち=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • 川のほとりで魚釣りをする天陽(荒井雄斗)を見つける=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • なつの実の兄・咲太郎(渡邉蒼)=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK
  • なつと実の兄・咲太郎(渡邉蒼)=連続テレビ小説『なつぞら』第2週「なつよ、夢の扉を開け」より(C)NHK

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019