アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「はじこい」四角関係から三角関係へ 満足度が今期連ドラ最高ポイント更新

「はじこい」四角関係から三角関係へ 満足度が今期連ドラ最高ポイント更新

物語が終盤に突入し、順子(深田恭子)を巡る由利匡平(横浜流星)、八雲雅志(永山絢斗)、山下一真(中村倫也)の3人の四角関係の恋愛模様に大きな変化が訪れている『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)。オリコンの満足度調査「ドラマバリュー」では、その第8話が今期連ドラ最高となる98Pt(100Pt満点)を獲得。3月19日の最終回に向けて、視聴者の興味を大きく引きつけるとともに、高い満足度を得ている。

鈍感アラサー女子とイケメン3人それぞれの間の距離に差がつかず、均衡が取られていた四角関係...

この記事の画像

  • 山下一真(中村倫也)『初めて恋をした日に読む話』最終回(3月19日放送)より(C)TBS
  • 試験に打ち込む由利匡平/最終回(3月19日放送)より
  • 『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS
  • 『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS
  • 『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS
  • S『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS
  • 『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年5月27日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年5月27日号

<COVER STORY>
渡辺謙(俳優)
「日本人としてのアイデンティティを持って
人生も含めて役に乗せることが求められている」

<SPECIAL ISSUE>
改元を機にさらなるシーンの隆盛へ
新時代の演歌・歌謡を考える

お問い合わせ

WEBサイト『ORICON NEWS』、エンタメビジネス誌『コンフィデンス』 メディア営業スタッフ募集

オリコントピックス