ドラマ&映画 カテゴリ

山下健二郎、理想の夫婦像は両親「名前で呼び合うのがすてき」

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎と女優の本仮屋ユイカが主役を務めた、映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントが23日、都内で行われた。

【写真】その他の写真を見る


 イベントでは、“Best of 幸助(ベストオブこうすけ)”と題して、視聴者への事前アンケートを元に『Love or Not』『Love or Not 2』の両作品から山下が演じる主人公・宇佐美幸助の印象的なシーンを発表。MCから2人が思う「Best of 幸助」を聞かれ、山下は「パート2のラスト」、本仮屋は「パート1のゴミ捨て場で幸助に、告白ではなくゴミの分別のことを言われたシーン」を挙げた。

 視聴者が選んだ印象的なシーンで最も多かったのは、『Love or Not 2』最終回のプロポーズシーン。MCから理想のプロポーズの仕方を聞かれた山下は「サプライズはやりたい。カッコよくダンスを踊れる自信はあるのでそこは惜しみなく使いたい。フラッシュモブみたいにできたら面白いかな」と明かした。

 また、来場者からの恋愛の悩みや質問に答えていく企画「恋愛相談 Love or Not」では、「山下健二郎さんが好きすぎて、彼氏ができないんですがどうしたらいいですか?」との質問が寄せられた。山下は「僕のことずっと好きでいてください。もう好きっていう気持ちは抑えられないじゃん! だからこのまま好きでいてほしいです」と答えると、会場からは「キャー!」という歓声が沸き起こった。

 続いて「結婚12年で、夫に全くときめかなくなった」という悩みに対しては「初デートの場所に、お子さんを預けて2人で行く。その際手をつなぐのはマストです」とアドバイス。さらに、「ときめかないのは自分にも原因がある。例えばうちの両親はほんと仲良いんですけど、お互い名前で呼び合っている。それはすてきなことだと思うし、自分の理想の夫婦像は両親なので、将来自分もそうなりたいですね」と語った。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 恋愛相談に親身になって答えていた山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 恋愛相談に親身になって答えていた山下健二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した(左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した本仮屋ユイカ
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した本仮屋ユイカ
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した山下健二郎
  • 映像配信サービス「dTV」のドラマ『Love or Not』の視聴者イベントに出席した本仮屋ユイカ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索