アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 草刈正雄、木村文乃と親娘役で初共演 映画『体操しようよ』キャスト発表

草刈正雄、木村文乃と親娘役で初共演 映画『体操しようよ』キャスト発表

 俳優の草刈正雄が7年ぶりに主演する『体操しようよ』(菊地健雄監督 11月9日公開)の新たなキャストが5日、発表された。同作は、定年退職後にひょんなことからラジオ体操を通じての仲間作りに奮闘するシングルファーザー・佐野道太郎(草刈)の奮闘を描く。道太郎の娘・弓子を木村文乃が演じ、草刈と初共演を果たした。

 木村が演じるのは、真面目だけが取り柄で38年間無遅刻無欠勤だった堅物な父を、母が亡くなってから、健気に支えてきたしっかり者の娘。結婚の兆しがあり、一人残される父の今後を思い、若干スパルタ気味に家事を覚えさせる。草刈との撮影について「初めてお会いした日から、『楽しみだよ!』と大きな懐でどかーんと受け入れて下さり、その温かさと大きさに最後まで乗っけていただいていたなと思います」と振り返り、草刈は「意思の疎通がとってもよく取れて、無理なく芝居に取り組めました。心は本当の親娘でした!」と手応えをにじませた。

 道太郎が参加する体操会のマドンナ・のぞみ役で和久井映見が出演し、草刈とはテレビ朝日系ドラマ『動物のお医者さん』以来15年ぶり2度目の共演。道太郎に思いを寄せられる役どころで、「前回は、ご一緒させていただけた場面はたくさんではありませんでしたが、(草刈に)覚えていていただいて、ありがたくとてもうれしかったです」と話している。

 そのほか、のぞみの人生の転機を作り、明るく、ゆるく体操会をひっぱる会長役で、きたろう、道太郎がバイトする便利屋の同僚・薫役でバンド「黒猫チェルシー」のボーカル、俳優としても活躍する渡辺大知が出演する。



関連写真

  • 映画『体操しようよ』に出演する(左上から時計回り)木村文乃、きたろう、和久井映見、渡辺大知 (C)2018「体操しようよ」製作委員会
  • 主演の草刈正雄(C)2018「体操しようよ」製作委員会

オリコントピックス