• ホーム
  • 映画
  • 瑛太、俳優業は“中毒性”がある 休みの日は「心が落ち着かない」

瑛太、俳優業は“中毒性”がある 休みの日は「心が落ち着かない」

 俳優の瑛太が14日、東京・明治大学で行われた映画『友罪』(25日公開)の特別授業に出席。学生へ向けて、俳優を志した理由を明かすなかで「この仕事はどこか中毒性がある。楽しいのは演じているとき」と淡々とした語り口ながらも熱い思いをにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 小学生からサッカーを始め、高校にもサッカー推薦で入学したが、「高1で挫折して普通科に入ったけれど、勉強が大嫌いだった。とりあえずバイトをいろいろ始めたけれど、給料もらうと達成感があって辞めてしまって、すべて1ヶ月しか続かない」と回顧。「趣味で映画を見ていて、一番現実から逃げられるのは映画のスクリーンのなかの世界しかないと気付きました。現実逃避できるのは俳優なんじゃないかなって。そこからなんとなく進んでいきました」と俳優の道を選んだ。

 「この仕事はどこか中毒性がある」といい、「休みの日に趣味だったり、体を動かしたり家族でのんびりしたり、そういう時間を過ごしたりするけれど、現場でお芝居していないと心が落ち着かない。一番自分が好きな場所と言いますか、楽しいのは演じているときなんじゃないかなって気がしています」と話した。

 共に主演を務める生田斗真は、高校時代に進学か、仕事を続けるか悩んだといい、「模索し続けていたところ、演劇・舞台に出合いまして、周りの演劇人たちが楽しそうに作品をつくっていて、お客さんたちが感動して劇場を後にする姿に感銘を受けて、自分は芝居の場所で生きていこうって決意しました」と自身の転機を振り返った。

 同作は、薬丸岳氏が2013年に発表した同名小説を映画化。かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤を描く。

 生田、瑛太、瀬々敬久監督は、文学部文学科文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授の特別授業にゲストとして参加し、少年犯罪を学ぶ学生たちとディスカッションを行った。「自分の友達が過去に罪を犯してたら友人関係をやめるか」など、映画にちなんだテーマを話したほか、瑛太が学生に「生田斗真と瑛太、どっちが好き?」と聞いて空気を和まし、交流を楽しんでいた。



関連写真

  • 俳優業は“中毒性”があると語った瑛太(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』の特別授業に出席した生田斗真 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)伊藤氏貴准教授、瑛太、生田斗真、瀬々敬久監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』の特別授業に出席した生田斗真 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』の特別授業に出席した瀬々敬久監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス