• ホーム
  • 芸能
  • 内田恭子、テレビ東京の経済ドラマ『ヘッドハンター』第1話に出演

内田恭子、テレビ東京の経済ドラマ『ヘッドハンター』第1話に出演

 フリーアナウンサーの内田恭子が、テレビ東京の新ドラマ枠、ドラマBiz『ヘッドハンター』(16日スタート、毎週月曜 後10:00)の第1話にゲスト出演することが明らかになった。テレビ東京経済報道番組の顔にぴったりな役で出演し、新ドラマの門出に華を添える。

【写真】その他の写真を見る


 「働く」をテーマにした大人向けのドラマ枠の第1弾作品は、ヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわるさまざな人間模様を描く。

 同局の経済番組からキャストを“ヘッドハント”した、と話題の同ドラマ。主演の江口は『ガイヤの夜明け』案内人、レギュラーキャストの小池栄子は『カンブリア宮殿』サブインタビュアー、同・杉本哲太は『ガイヤの夜明け』ナレーター。そして、内田も『未来世紀ジパング』でMCを務めている。

■第1話あらすじ

 大手電機メーカー「マルヨシ製作所」の社長・横河龍一(長谷川初範)は、大勢のマスコミを前に大幅な構造改革を発表する。その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口孝雄(北村有起哉)は先輩の五十嵐文雄(高橋克実)とともに、消極的な経営方針にうんざり顔。その時、彼の脳裏にある言葉がフラッシュバックする。「あなたの値段、知りたいと思いませんか?」。数日前、谷口は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤にそんな言葉とともに転職の誘いを受けた。音響機器のエンジニアとしての手腕が買われての引き抜き話だった。だが過去に3度転職を断った谷口は慎重な態度を崩さない。一体、何が彼の決断を鈍らせているのか?

 「SAGASU」は黒澤、灰谷哲也(杉本)、舘林美憂(徳永えり)という、わずか3人という弱小人材紹介会社。難攻不落の難しい転職案件ばかりを扱っている。黒澤は経歴が謎で、30年の付き合いがある灰谷ですら詳細を知らない。2人の仲も複雑なようだ。灰谷と美憂は、とあるパーティーの席で、転職斡旋会社最大手「ブリッジ」の赤城響子(小池)に出くわす。業界の信用度向上を目指す彼女は、乱暴な黒澤の仕事ぶりを嫌悪。あからさまにライバル心を燃やすが…。

 その後も転職を決断できずにいる谷口に、黒澤は「あなたにとって一番大切なものは何か?」と問う。はたして黒澤は谷口のヘッドハントを成功させられるのか?



関連写真

  • テレビ東京系ドラマBiz『ヘッドハンター』(4月16日スタート)第1話に内田恭子が出演(C)テレビ東京
  • 主演の江口洋介(C)テレビ東京
  • テレビ東京の経済番組からメインキャスト3人をヘッドハント!?(左から)杉本哲太、江口洋介、小池栄子(C)テレビ東京
  • テレビ東京系ドラマBiz『ヘッドハンター』(4月16日スタート)第1話より(C)テレビ東京
  • テレビ東京系ドラマBiz『ヘッドハンター』(4月16日スタート)第1話より(C)テレビ東京
  • テレビ東京系ドラマBiz『ヘッドハンター』(4月16日スタート)第1話より(C)テレビ東京
  • テレビ東京系ドラマBiz『ヘッドハンター』(4月16日スタート)第1話より(C)テレビ東京
  • テレビ東京系ドラマBiz『ヘッドハンター』(4月16日スタート)第1話より(C)テレビ東京

オリコントピックス